紀貫之

古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集471番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集471番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集471番について歌番号471詞書題しらす作者|歌人紀貫之和歌吉野河いは浪たかく行く水のはやくそ人を思ひそめてし読み仮名ふりがなよしのかは-いはなみたかく-ゆくみつの-はやく...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集323番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集323番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集323番について歌番号323詞書冬のうたとて作者|歌人紀貫之和歌雪ふれは冬こもりせる草も木も春にしられぬ花そさきける読み仮名ふりがなゆきふれは-ふゆこもりせる-くさもきも-...
古今和歌集|巻一巻|春上

古今和歌集2番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集2番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集2番について歌番号2詞書はるたちける日よめる作者|歌人紀貫之和歌袖ひちてむすひし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ読み仮名ふりがなそてひちて-むすひしみつの-こほれるを-は...
タイトルとURLをコピーしました