古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集の巻十一巻「恋一」の和歌一覧まとめ。

巻十一巻|恋一

469郭公なくやさ月のあやめくさあやめもしらぬこひもするかな
470おとにのみきくの白露よるはおきてひるは思ひにあへすけぬへし
471吉野河いは浪たかく行く水のはやくそ人を思ひそめてし
472白浪のあとなき方に行く舟も風そたよりのしるへなりける
473おとは山おとにききつつ相坂の関のこなたに年をふるかな
474立帰りあはれとそ思ふよそにても人に心をおきつ白浪
475世中はかくこそ有りけれ吹く風のめに見ぬ人もこひしかりけり
476見すもあらす見もせぬ人のこひしくはあやなくけふやなかめくらさむ
477しるしらぬなにかあやなくわきていはむ思ひのみこそしるへなりけれ
478かすかののゆきまをわけておひいてくる草のはつかに見えしきみはも
479山さくら霞のまよりほのかにも見てし人こそこひしかりけれ
480たよりにもあらぬおもひのあやしきは心を人につくるなりけり
481はつかりのはつかにこゑをききしより中そらにのみ物を思ふかな
482逢ふ事はくもゐはるかになる神のおとにききつつこひ渡るかな
483かたいとをこなたかなたによりかけてあはすはなにをたまのをにせむ
484夕くれは雲のはたてに物そ思ふあまつそらなる人をこふとて
485かりこもの思ひみたれて我こふといもしるらめや人しつけすは
486つれもなき人をやねたくしらつゆのおくとはなけきぬとはしのはむ
487ちはやふるかもの社のゆふたすきひと日も君をかけぬ日はなし
488わかこひはむなしきそらにみちぬらし思ひやれともゆく方もなし
489するかなるたこの浦浪たたぬひはあれとも君をこひぬ日はなし
490ゆふつく夜さすやをかへの松のはのいつともわかぬこひもするかな
491葦引の山した水のこかくれてたきつ心をせきそかねつる
492吉野河いはきりとほし行く水のおとにはたてしこひはしぬとも
493たきつせのなかにもよとはありてふをなとわかこひのふちせともなき
494山高みした行く水のしたにのみ流れてこひむこひはしぬとも
495思ひいつるときはの山のいはつつしいはねはこそあれこひしきものを
496人しれすおもへはくるし紅のすゑつむ花のいろにいてなむ
497秋の野のをはなにましりさく花のいろにやこひむあふよしをなみ
498わかそのの梅のほつえに鶯のねになきぬへきこひもするかな
499あしひきの山郭公わかことや君にこひつついねかてにする
500夏なれはやとにふすふるかやり火のいつまてわか身したもえをせむ
501恋せしとみたらし河にせしみそき神はうけすそなりにけらしも
502あはれてふ事たになくはなにをかは恋のみたれのつかねをにせむ
503おもふには忍ふる事そまけにける色にはいてしとおもひしものを
504わかこひを人しるらめや敷妙の枕のみこそしらはしるらめ
505あさちふのをののしの原しのふとも人しるらめやいふ人なしに
506人しれぬ思ひやなそとあしかきのまちかけれともあふよしのなき
507思ふともこふともあはむ物なれやゆふてもたゆくとくるしたひも
508いて我を人なとかめそおほ舟のゆたのたゆたに物思ふころそ
509伊勢の海につりするあまのうけなれや心ひとつを定めかねつる
510いせのうみのあまのつりなは打ちはへてくるしとのみや思ひ渡らむ
511涙河何みなかみを尋ねけむ物思ふ時のわか身なりけり
512たねしあれはいはにも松はおひにけり恋をしこひはあはさらめやは
513あさなあさな立つ河霧のそらにのみうきて思ひのある世なりけり
514わすらるる時しなけれはあしたつの思ひみたれてねをのみそなく
515唐衣ひもゆふくれになる時は返す返すそ人はこひしき
516よひよひに枕さためむ方もなしいかにねし夜か夢に見えけむ
517恋しきに命をかふる物ならはしにはやすくそあるへかりける
518人の身もならはしものをあはすしていさ心みむこひやしぬると
519忍ふれは苦しきものを人しれす思ふてふ事誰にかたらむ
520こむ世にもはや成りななむ目の前につれなき人を昔とおもはむ
521つれもなき人をこふとて山ひこのこたへするまてなけきつるかな
522ゆく水にかすかくよりもはかなきはおもはぬ人を思ふなりけり
523人を思ふ心は我にあらねはや身の迷ふたにしられさるらむ
524思ひやるさかひはるかになりやするまとふ夢ちにあふ人のなき
525夢の内にあひ見む事をたのみつつくらせるよひはねむ方もなし
526こひしねとするわさならしむはたまのよるはすからに夢に見えつつ
527涙河枕なかるるうきねには夢もさたかに見えすそありける
528恋すれはわか身は影と成りにけりさりとて人にそはぬものゆゑ
529篝火にあらぬわか身のなそもかく涙の河にうきてもゆらむ
530かかり火の影となる身のわひしきは流れてしたにもゆるなりけり
531はやきせに見るめおひせはわか袖の涙の河にうゑましものを
532おきへにもよらぬたまもの浪のうへにみたれてのみやこひ渡りなむ
533あしかものさわく入江の白浪のしらすや人をかくこひむとは
534人しれぬ思ひをつねにするかなるふしの山こそわか身なりけれ
535とふとりのこゑもきこえぬ奥山のふかき心を人はしらなむ
536相坂のゆふつけとりもわかことく人やこひしきねのみなくらむ
537相坂の関になかるるいはし水いはて心に思ひこそすれ
538うき草のうへはしけれるふちなれや深き心をしる人のなき
539打ちわひてよははむ声に山ひこのこたへぬ山はあらしとそ思ふ
540心かへする物にもかかたこひはくるしき物と人にしらせむ
541よそにしてこふれはくるしいれひものおなし心にいさむすひてむ
542春たてはきゆる氷ののこりなく君か心は我にとけなむ
543あけたては蝉のをりはへなきくらしよるはほたるのもえこそわたれ
544夏虫の身をいたつらになすこともひとつ思ひによりてなりけり
545ゆふされはいととひかたきわかそてに秋のつゆさへおきそはりつつ
546いつとてもこひしからすはあらねとも秋のゆふへはあやしかりけり
547秋の田のほにこそ人をこひさらめなとか心に忘れしもせむ
548あきのたのほのうへをてらすいなつまのひかりのまにも我やわするる
549人めもる我かはあやな花すすきなとかほにいててこひすしもあらむ
550あは雪のたまれはかてにくたけつつわか物思ひのしけきころかな
551奥山の管のねしのきふる雪のけぬとかいはむこひのしけきに
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集483番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集483番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集483番について歌番号483詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌かたいとをこなたかなたによりかけてあはすはなにをたまのをにせむ読み仮名ふりがなかたいとを-こなたかなたに-よ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集499番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集499番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集499番について歌番号499詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あしひきの山郭公わかことや君にこひつついねかてにする読み仮名ふりがなあしひきの-やまほとときす-わかことや-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集515番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集515番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集515番について歌番号515詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌唐衣ひもゆふくれになる時は返す返すそ人はこひしき読み仮名ふりがなからころも-ひもゆふくれに-なるときは-かへ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集531番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集531番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集531番について歌番号531詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌はやきせに見るめおひせはわか袖の涙の河にうゑましものを読み仮名ふりがなはやきせに-みるめおひせは-わかそての...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集547番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集547番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集547番について歌番号547詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌秋の田のほにこそ人をこひさらめなとか心に忘れしもせむ読み仮名ふりがなあきのたの-ほにこそひとを-こひさらめ-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集484番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集484番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集484番について歌番号484詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌夕くれは雲のはたてに物そ思ふあまつそらなる人をこふとて読み仮名ふりがなゆふくれは-くものはたてに-ものそおも...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集500番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集500番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集500番について歌番号500詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌夏なれはやとにふすふるかやり火のいつまてわか身したもえをせむ読み仮名ふりがななつなれは-やとにふすふる-かや...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集516番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集516番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集516番について歌番号516詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌よひよひに枕さためむ方もなしいかにねし夜か夢に見えけむ読み仮名ふりがなよひよひに-まくらさためむ-かたもなし...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集532番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集532番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集532番について歌番号532詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌おきへにもよらぬたまもの浪のうへにみたれてのみやこひ渡りなむ読み仮名ふりがなおきへにも-よらぬたまもの-なみ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集548番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集548番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集548番について歌番号548詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あきのたのほのうへをてらすいなつまのひかりのまにも我やわするる読み仮名ふりがなあきのたの-ほのうへをてらす-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集469番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集469番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集469番について歌番号469詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌郭公なくやさ月のあやめくさあやめもしらぬこひもするかな読み仮名ふりがなほとときす-なくやさつきの-あやめくさ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集485番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集485番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集485番について歌番号485詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌かりこもの思ひみたれて我こふといもしるらめや人しつけすは読み仮名ふりがなかりこもの-おもひみたれて-わかこふ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集501番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集501番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集501番について歌番号501詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌恋せしとみたらし河にせしみそき神はうけすそなりにけらしも読み仮名ふりがなこひせしと-みたらしかはに-せしみそ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集517番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集517番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集517番について歌番号517詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌恋しきに命をかふる物ならはしにはやすくそあるへかりける読み仮名ふりがなこひしきに-いのちをかふる-ものならは...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集533番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集533番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集533番について歌番号533詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あしかものさわく入江の白浪のしらすや人をかくこひむとは読み仮名ふりがなあしかもの-さわくいりえの-しらなみの...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集549番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集549番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集549番について歌番号549詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌人めもる我かはあやな花すすきなとかほにいててこひすしもあらむ読み仮名ふりがなひとめもる-われかはあやな-はな...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集470番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集470番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集470番について歌番号470詞書題しらす作者|歌人素性法師和歌おとにのみきくの白露よるはおきてひるは思ひにあへすけぬへし読み仮名ふりがなおとにのみ-きくのしらつゆ-よるはお...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集486番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集486番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集486番について歌番号486詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌つれもなき人をやねたくしらつゆのおくとはなけきぬとはしのはむ読み仮名ふりがなつれもなき-ひとをやねたく-しら...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集502番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集502番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集502番について歌番号502詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あはれてふ事たになくはなにをかは恋のみたれのつかねをにせむ読み仮名ふりがなあはれてふ-ことたになくは-なにを...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集518番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集518番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集518番について歌番号518詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌人の身もならはしものをあはすしていさ心みむこひやしぬると読み仮名ふりがなひとのみも-ならはしものを-あはすし...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集534番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集534番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集534番について歌番号534詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌人しれぬ思ひをつねにするかなるふしの山こそわか身なりけれ読み仮名ふりがなひとしれぬ-おもひをつねに-するかな...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集550番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集550番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集550番について歌番号550詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あは雪のたまれはかてにくたけつつわか物思ひのしけきころかな読み仮名ふりがなあはゆきの-たまれはかてに-くたけ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集471番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集471番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集471番について歌番号471詞書題しらす作者|歌人紀貫之和歌吉野河いは浪たかく行く水のはやくそ人を思ひそめてし読み仮名ふりがなよしのかは-いはなみたかく-ゆくみつの-はやく...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集487番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集487番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集487番について歌番号487詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ちはやふるかもの社のゆふたすきひと日も君をかけぬ日はなし読み仮名ふりがなちはやふる-かものやしろの-ゆふたす...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集503番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集503番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集503番について歌番号503詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌おもふには忍ふる事そまけにける色にはいてしとおもひしものを読み仮名ふりがなおもふには-しのふることそ-まけに...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集519番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集519番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集519番について歌番号519詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌忍ふれは苦しきものを人しれす思ふてふ事誰にかたらむ読み仮名ふりがなしのふれは-くるしきものを-ひとしれす-お...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集535番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集535番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集535番について歌番号535詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌とふとりのこゑもきこえぬ奥山のふかき心を人はしらなむ読み仮名ふりがなとふとりの-こゑもきこえぬ-おくやまの-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集551番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集551番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集551番について歌番号551詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌奥山の管のねしのきふる雪のけぬとかいはむこひのしけきに読み仮名ふりがなおくやまの-すかのねしのき-ふるゆきの...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集472番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集472番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集472番について歌番号472詞書題しらす作者|歌人藤原勝臣和歌白浪のあとなき方に行く舟も風そたよりのしるへなりける読み仮名ふりがなしらなみの-あとなきかたに-ゆくふねも-か...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集488番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集488番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集488番について歌番号488詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌わかこひはむなしきそらにみちぬらし思ひやれともゆく方もなし読み仮名ふりがなわかこひは-むなしきそらに-みちぬ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集504番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集504番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集504番について歌番号504詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌わかこひを人しるらめや敷妙の枕のみこそしらはしるらめ読み仮名ふりがなわかこひを-ひとしるらめや-しきたへの-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集520番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集520番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集520番について歌番号520詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌こむ世にもはや成りななむ目の前につれなき人を昔とおもはむ読み仮名ふりがなこむよにも-はやなりななむ-めのまへ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集536番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集536番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集536番について歌番号536詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌相坂のゆふつけとりもわかことく人やこひしきねのみなくらむ読み仮名ふりがなあふさかの-ゆふつけとりも-わかこと...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集473番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集473番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集473番について歌番号473詞書題しらす作者|歌人在原元方和歌おとは山おとにききつつ相坂の関のこなたに年をふるかな読み仮名ふりがなおとはやま-おとにききつつ-あふさかの-せ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集489番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集489番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集489番について歌番号489詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌するかなるたこの浦浪たたぬひはあれとも君をこひぬ日はなし読み仮名ふりがなするかなる-たこのうらなみ-たたぬひ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集505番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集505番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集505番について歌番号505詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あさちふのをののしの原しのふとも人しるらめやいふ人なしに読み仮名ふりがなあさちふの-をののしのはら-しのふと...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集521番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集521番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集521番について歌番号521詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌つれもなき人をこふとて山ひこのこたへするまてなけきつるかな読み仮名ふりがなつれもなき-ひとをこふとて-やまひ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集537番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集537番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集537番について歌番号537詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌相坂の関になかるるいはし水いはて心に思ひこそすれ読み仮名ふりがなあふさかの-せきになかるる-いはしみつ-いは...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集474番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集474番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集474番について歌番号474詞書題しらす作者|歌人在原元方和歌立帰りあはれとそ思ふよそにても人に心をおきつ白浪読み仮名ふりがなたちかへり-あはれとそおもふ-よそにても-ひと...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集490番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集490番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集490番について歌番号490詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ゆふつく夜さすやをかへの松のはのいつともわかぬこひもするかな読み仮名ふりがなゆふつくよ-さすやをかへの-まつ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集506番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集506番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集506番について歌番号506詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌人しれぬ思ひやなそとあしかきのまちかけれともあふよしのなき読み仮名ふりがなひとしれぬ-おもひやなそと-あしか...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集522番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集522番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集522番について歌番号522詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ゆく水にかすかくよりもはかなきはおもはぬ人を思ふなりけり読み仮名ふりがなゆくみつに-かすかくよりも-はかなき...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集538番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集538番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集538番について歌番号538詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌うき草のうへはしけれるふちなれや深き心をしる人のなき読み仮名ふりがなうきくさの-うへはしけれる-ふちなれや-...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集475番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集475番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集475番について歌番号475詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌世中はかくこそ有りけれ吹く風のめに見ぬ人もこひしかりけり読み仮名ふりがなよのなかは-かくこそありけれ-ふくかせ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集491番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集491番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集491番について歌番号491詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌葦引の山した水のこかくれてたきつ心をせきそかねつる読み仮名ふりがなあしひきの-やましたみつの-こかくれて-た...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集507番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集507番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集507番について歌番号507詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌思ふともこふともあはむ物なれやゆふてもたゆくとくるしたひも読み仮名ふりがなおもふとも-こふともあはむ-ものな...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集523番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集523番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集523番について歌番号523詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌人を思ふ心は我にあらねはや身の迷ふたにしられさるらむ読み仮名ふりがなひとをおもふ-こころはわれに-あらねはや...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集539番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集539番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集539番について歌番号539詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌打ちわひてよははむ声に山ひこのこたへぬ山はあらしとそ思ふ読み仮名ふりがなうちわひて-よははむこゑに-やまひこ...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集476番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集476番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集476番について歌番号476詞書右近のむまはのひをりの日、むかひにたてたりけるくるまのしたすたれより女のかほのほのかに見えけれは、よむてつかはしける作者|歌人在原業平朝臣和...
古今和歌集|巻十一巻|恋一

古今和歌集492番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集492番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集492番について歌番号492詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌吉野河いはきりとほし行く水のおとにはたてしこひはしぬとも読み仮名ふりがなよしのかは-いはきりとほし-ゆくみつ...
タイトルとURLをコピーしました