古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集の巻十五巻「恋五」の和歌一覧まとめ。

巻十五巻|恋五

747月やあらぬ春や昔の春ならぬわか身ひとつはもとの身にして
748花すすき我こそしたに思ひしかほにいてて人にむすはれにけり
749よそにのみきかましものをおとは河渡るとなしに見なれそめけむ
750わかことく我をおもはむ人もかなさてもやうきと世を心みむ
751久方のあまつそらにもすまなくに人はよそにそ思ふへらなる
752見ても又またも見まくのほしけれはなるるを人はいとふへらなり
753雲もなくなきたるあさの我なれやいとはれてのみ世をはへぬらむ
754花かたみめならふ人のあまたあれはわすられぬらむかすならぬ身は
755うきめのみおひて流るる浦なれはかりにのみこそあまはよるらめ
756あひにあひて物思ふころのわか袖にやとる月さへぬるるかほなる
757秋ならておく白露はねさめするわかた枕のしつくなりけり
758すまのあまのしほやき衣をさをあらみまとほにあれや君かきまさぬ
759山しろのよとのわかこもかりにたにこぬ人たのむ我そはかなき
760あひ見ねはこひこそまされみなせ河なににふかめて思ひそめけむ
761暁のしきのはねかきももはかき君かこぬ夜は我そかすかく
762玉かつら今はたゆとや吹く風のおとにも人のきこえさるらむ
763わか袖にまたき時雨のふりぬるは君か心に秋やきぬらむ
764山の井の浅き心もおもはぬに影はかりのみ人の見ゆらむ
765忘草たねとらましを逢ふ事のいとかくかたき物としりせは
766こふれとも逢ふ夜のなきは忘草夢ちにさへやおひしけるらむ
767夢にたにあふ事かたくなりゆくは我やいをねぬ人やわするる
768もろこしも夢に見しかはちかかりきおもはぬ中そはるけかりける
769独のみなかめふるやのつまなれは人を忍ふの草そおひける
770わかやとは道もなきまてあれにけりつれなき人をまつとせしまに
771今こむといひてわかれし朝より思ひくらしのねをのみそなく
772こめやとは思ふものからひくらしのなくゆふくれはたちまたれつつ
773今しはとわひにしものをささかにの衣にかかり我をたのむる
774いまはこしと思ふものから忘れつつまたるる事のまたもやまぬか
775月よにはこぬ人またるかきくもり雨もふらなむわひつつもねむ
776うゑていにし秋田かるまて見えこねはけさはつかりのねにそなきぬる
777こぬ人をまつゆふくれの秋風はいかにふけはかわひしかるらむ
778ひさしくもなりにけるかなすみのえの松はくるしき物にそありける
779住の江の松ほとひさになりぬれはあしたつのねになかぬ日はなし
780みわの山いかにまち見む年ふともたつぬる人もあらしと思へは
781吹きまよふ野風をさむみ秋はきのうつりも行くか人の心の
782今はとてわか身時雨にふりぬれは事のはさへにうつろひにけり
783人を思ふ心のこのはにあらはこそ風のまにまにちりみたれめ
784あま雲のよそにも人のなりゆくかさすかにめには見ゆるものから
785ゆきかへりそらにのみしてふる事はわかゐる山の風はやみなり
786唐衣なれは身にこそまつはれめかけてのみやはこひむと思ひし
787秋風は身をわけてしもふかなくに人の心のそらになるらむ
788つれもなくなりゆく人の事のはそ秋よりさきのもみちなりける
789しての山ふもとを見てそかへりにしつらき人よりまつこえしとて
790時すきてかれゆくをののあさちには今は思ひそたえすもえける
791冬かれののへとわか身を思ひせはもえても春をまたましものを
792水のあわのきえてうき身といひなから流れて猶もたのまるるかな
793みなせ河有りて行く水なくはこそつひにわか身をたえぬと思はめ
794吉野河よしや人こそつらからめはやくいひてし事はわすれし
795世中の人の心は花そめのうつろひやすき色にそありける
796心こそうたてにくけれそめさらはうつろふ事もをしからましや
797色見えてうつろふ物は世中の人の心の花にそ有りける
798我のみや世をうくひすとなきわひむ人の心の花とちりなは
799思ふともかれなむ人をいかかせむあかすちりぬる花とこそ見め
800今はとて君かかれなはわかやとの花をはひとり見てやしのはむ
801忘草かれもやするとつれもなき人の心にしもはおかなむ
802忘草なにをかたねと思ひしはつれなき人の心なりけり
803秋の田のいねてふ事もかけなくに何をうしとか人のかるらむ
804はつかりのなきこそわたれ世中の人の心の秋しうけれは
805あはれともうしとも物を思ふ時なとか涙のいとなかるらむ
806身をうしと思ふにきえぬ物なれはかくてもへぬるよにこそ有りけれ
807あまのかるもにすむむしの我からとねをこそなかめ世をはうらみし
808あひ見ぬもうきもわか身のから衣思ひしらすもとくるひもかな
809つれなきを今はこひしとおもへとも心よわくもおつる涙か
810人しれすたえなましかはわひつつもなき名そとたにいはましものを
811それをたに思ふ事とてわかやとを見きとないひそ人のきかくに
812逢ふ事のもはらたえぬる時にこそ人のこひしきこともしりけれ
813わひはつる時さへ物の悲しきはいつこをしのふ涙なるらむ
814怨みてもなきてもいはむ方そなきかかみに見ゆる影ならすして
815夕されは人なきとこを打ちはらひなけかむためとなれるわかみか
816わたつみのわか身こす浪立返りあまのすむてふうらみつるかな
817あらを田をあらすきかへしかへしても人の心を見てこそやまめ
818有そ海の浜のまさことたのめしは忘るる事のかすにそ有りける
819葦辺より雲ゐをさして行く雁のいやとほさかるわか身かなしも
820しくれつつもみつるよりも事のはの心の秋にあふそわひしき
821秋風のふきとふきぬるむさしのはなへて草はの色かはりけり
822あきかせにあふたのみこそかなしけれわか身むなしくなりぬと思へは
823秋風の吹きうらかへすくすのはのうらみても猶うらめしきかな
824あきといへはよそにそききしあた人の我をふるせる名にこそ有りけれ
825わすらるる身をうちはしの中たえて人もかよはぬ年そへにける
826あふ事をなからのはしのなからへてこひ渡るまに年そへにける
827うきなからけぬるあわともなりななむ流れてとたにたのまれぬ身は
828流れては妹背の山のなかにおつるよしのの河のよしや世中
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集793番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集793番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集793番について歌番号793詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌みなせ河有りて行く水なくはこそつひにわか身をたえぬと思はめ読み仮名ふりがなみなせかは-ありてゆくみつ-なく...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集809番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集809番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集809番について歌番号809詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人すかののたたおむ和歌つれなきを今はこひしとおもへとも心よわくもおつる涙か読み仮名ふりがなつれなきを-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集825番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集825番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集825番について歌番号825詞書題しらす又は、こなたかなたに人もかよはす作者|歌人よみ人しらす和歌わすらるる身をうちはしの中たえて人もかよはぬ年そへにける読み仮名ふりがなわ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集794番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集794番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集794番について歌番号794詞書題しらす作者|歌人みつね和歌吉野河よしや人こそつらからめはやくいひてし事はわすれし読み仮名ふりがなよしのかは-よしやひとこそ-つらからめ-は...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集810番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集810番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集810番について歌番号810詞書題しらす作者|歌人伊勢和歌人しれすたえなましかはわひつつもなき名そとたにいはましものを読み仮名ふりがなひとしれす-たえなましかは-わひつつも...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集826番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集826番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集826番について歌番号826詞書題しらす作者|歌人坂上これのり和歌あふ事をなからのはしのなからへてこひ渡るまに年そへにける読み仮名ふりがなあふことを-なからのはしの-なから...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集795番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集795番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集795番について歌番号795詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世中の人の心は花そめのうつろひやすき色にそありける読み仮名ふりがなよのなかの-ひとのこころは-はなそめの-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集811番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集811番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集811番について歌番号811詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌それをたに思ふ事とてわかやとを見きとないひそ人のきかくに読み仮名ふりがなそれをたに-おもふこととて-わかや...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集827番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集827番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集827番について歌番号827詞書題しらす作者|歌人とものり和歌うきなからけぬるあわともなりななむ流れてとたにたのまれぬ身は読み仮名ふりがなうきなから-けぬるあわとも-なりな...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集796番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集796番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集796番について歌番号796詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌心こそうたてにくけれそめさらはうつろふ事もをしからましや読み仮名ふりがなこころこそ-うたてにくけれ-そめさ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集812番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集812番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集812番について歌番号812詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌逢ふ事のもはらたえぬる時にこそ人のこひしきこともしりけれ読み仮名ふりがなあふことの-もはらたえぬる-ときに...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集828番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集828番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集828番について歌番号828詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌流れては妹背の山のなかにおつるよしのの河のよしや世中読み仮名ふりがななかれては-いもせのやまの-なかにおつる...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集797番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集797番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集797番について歌番号797詞書題しらす作者|歌人小野小町和歌色見えてうつろふ物は世中の人の心の花にそ有りける読み仮名ふりがないろみえて-うつろふものは-よのなかの-ひとの...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集813番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集813番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集813番について歌番号813詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わひはつる時さへ物の悲しきはいつこをしのふ涙なるらむ読み仮名ふりがなわひはつる-ときさへものの-かなしきは...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集798番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集798番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集798番について歌番号798詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌我のみや世をうくひすとなきわひむ人の心の花とちりなは読み仮名ふりがなわれのみや-よをうくひすと-なきわひむ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集814番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集814番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集814番について歌番号814詞書題しらす作者|歌人藤原おきかせ和歌怨みてもなきてもいはむ方そなきかかみに見ゆる影ならすして読み仮名ふりがなうらみても-なきてもいはむ-かたそ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集799番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集799番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集799番について歌番号799詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌思ふともかれなむ人をいかかせむあかすちりぬる花とこそ見め読み仮名ふりがなおもふとも-かれなむひとを-いかかせ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集815番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集815番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集815番について歌番号815詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌夕されは人なきとこを打ちはらひなけかむためとなれるわかみか読み仮名ふりがなゆふされは-ひとなきとこを-うち...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集800番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集800番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集800番について歌番号800詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌今はとて君かかれなはわかやとの花をはひとり見てやしのはむ読み仮名ふりがないまはとて-きみかかれなは-わかや...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集816番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集816番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集816番について歌番号816詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わたつみのわか身こす浪立返りあまのすむてふうらみつるかな読み仮名ふりがなわたつみの-わかみこすなみ-たちか...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集801番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集801番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集801番について歌番号801詞書題しらす作者|歌人むねゆきの朝臣和歌忘草かれもやするとつれもなき人の心にしもはおかなむ読み仮名ふりがなわすれくさ-かれもやすると-つれもなき...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集817番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集817番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集817番について歌番号817詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あらを田をあらすきかへしかへしても人の心を見てこそやまめ読み仮名ふりがなあらをたを-あらすきかへし-かへし...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集802番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集802番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集802番について歌番号802詞書寛平御時御屏風に歌かかせ給ひける時、よみてかきける作者|歌人そせい法し和歌忘草なにをかたねと思ひしはつれなき人の心なりけり読み仮名ふりがなわ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集818番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集818番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集818番について歌番号818詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌有そ海の浜のまさことたのめしは忘るる事のかすにそ有りける読み仮名ふりがなありそうみの-はまのまさこと-たの...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集787番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集787番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集787番について歌番号787詞書題しらす作者|歌人とものり和歌秋風は身をわけてしもふかなくに人の心のそらになるらむ読み仮名ふりがなあきかせは-みをわけてしも-ふかなくに-ひ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集803番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集803番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集803番について歌番号803詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌秋の田のいねてふ事もかけなくに何をうしとか人のかるらむ読み仮名ふりがなあきのたの-いねてふことも-かけなくに...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集819番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集819番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集819番について歌番号819詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌葦辺より雲ゐをさして行く雁のいやとほさかるわか身かなしも読み仮名ふりがなあしへより-くもゐをさして-ゆくか...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集788番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集788番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集788番について歌番号788詞書題しらす作者|歌人源宗于朝臣和歌つれもなくなりゆく人の事のはそ秋よりさきのもみちなりける読み仮名ふりがなつれもなく-なりゆくひとの-ことのは...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集804番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集804番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集804番について歌番号804詞書題しらす作者|歌人きのつらゆき和歌はつかりのなきこそわたれ世中の人の心の秋しうけれは読み仮名ふりがなはつかりの-なきこそわたれ-よのなかの-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集820番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集820番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集820番について歌番号820詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌しくれつつもみつるよりも事のはの心の秋にあふそわひしき読み仮名ふりがなしくれつつ-もみつるよりも-ことのは...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集789番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集789番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集789番について歌番号789詞書心地そこなへりけるころ、あひしりて侍りける人のとはてここちおこたりてのちとふらへりけれは、よみてつかはしける作者|歌人兵衛和歌しての山ふもと...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集805番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集805番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集805番について歌番号805詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あはれともうしとも物を思ふ時なとか涙のいとなかるらむ読み仮名ふりがなあはれとも-うしともものを-おもふとき...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集821番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集821番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集821番について歌番号821詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌秋風のふきとふきぬるむさしのはなへて草はの色かはりけり読み仮名ふりがなあきかせの-ふきとふきぬる-むさしの...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集790番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集790番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集790番について歌番号790詞書あひしれりける人のやうやくかれかたになりけるあひたに、やけたるちのはにふみをさしてつかはせりける作者|歌人こまちかあね和歌時すきてかれゆくを...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集806番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集806番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集806番について歌番号806詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌身をうしと思ふにきえぬ物なれはかくてもへぬるよにこそ有りけれ読み仮名ふりがなみをうしと-おもふにきえぬ-も...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集822番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集822番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集822番について歌番号822詞書題しらす作者|歌人小町和歌あきかせにあふたのみこそかなしけれわか身むなしくなりぬと思へは読み仮名ふりがなあきかせに-あふたのみこそ-かなしけ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集791番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集791番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集791番について歌番号791詞書物おもひけるころ、ものへまかりけるみちに野火のもえけるを見てよめる作者|歌人伊勢和歌冬かれののへとわか身を思ひせはもえても春をまたましものを...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集807番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集807番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集807番について歌番号807詞書題しらす作者|歌人典侍藤原直子朝臣和歌あまのかるもにすむむしの我からとねをこそなかめ世をはうらみし読み仮名ふりがなあまのかる-もにすむむしの...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集823番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集823番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集823番について歌番号823詞書題しらす作者|歌人平貞文和歌秋風の吹きうらかへすくすのはのうらみても猶うらめしきかな読み仮名ふりがなあきかせの-ふきうらかへす-くすのはの-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集792番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集792番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集792番について歌番号792詞書題しらす作者|歌人とものり和歌水のあわのきえてうき身といひなから流れて猶もたのまるるかな読み仮名ふりがなみつのあわの-きえてうきみと-いひな...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集808番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集808番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集808番について歌番号808詞書題しらす作者|歌人いなは和歌あひ見ぬもうきもわか身のから衣思ひしらすもとくるひもかな読み仮名ふりがなあひみぬも-うきもわかみの-からころも-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集824番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集824番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集824番について歌番号824詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あきといへはよそにそききしあた人の我をふるせる名にこそ有りけれ読み仮名ふりがなあきといへは-よそにそききし...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集761番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集761番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集761番について歌番号761詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌暁のしきのはねかきももはかき君かこぬ夜は我そかすかく読み仮名ふりがなあかつきの-しきのはねかき-ももはかき...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集777番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集777番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集777番について歌番号777詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌こぬ人をまつゆふくれの秋風はいかにふけはかわひしかるらむ読み仮名ふりがなこぬひとを-まつゆふくれの-あきか...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集762番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集762番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集762番について歌番号762詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌玉かつら今はたゆとや吹く風のおとにも人のきこえさるらむ読み仮名ふりがなたまかつら-いまはたゆとや-ふくかせ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集778番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集778番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集778番について歌番号778詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ひさしくもなりにけるかなすみのえの松はくるしき物にそありける読み仮名ふりがなひさしくも-なりにけるかな-す...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集747番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集747番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集747番について歌番号747詞書五条のきさいの宮のにしのたいにすみける人にほいにはあらてものいひわたりけるを、む月のとをかあまりになむほかへかくれにける、あり所はききけれと...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集763番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集763番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集763番について歌番号763詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わか袖にまたき時雨のふりぬるは君か心に秋やきぬらむ読み仮名ふりがなわかそてに-またきしくれの-ふりぬるは-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集779番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集779番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集779番について歌番号779詞書題しらす作者|歌人かねみのおほきみ和歌住の江の松ほとひさになりぬれはあしたつのねになかぬ日はなし読み仮名ふりがなすみのえの-まつほとひさに-...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集748番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集748番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集748番について歌番号748詞書題しらす作者|歌人藤原なかひらの朝臣和歌花すすき我こそしたに思ひしかほにいてて人にむすはれにけり読み仮名ふりがなはなすすき-われこそしたに-...
タイトルとURLをコピーしました