古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集の巻十九巻「雑体」の和歌一覧まとめ。

巻十九巻|雑体

1001あはむとおもへは
1002もりやしぬらむ
1003わかえつつ見む
1004君か世にあふさか山のいはし水こかくれたりと思ひけるかな
1005すくしつるかな
1006よそにこそ見め
1007うちわたすをち方人に物まうすわれそのそこにしろくさけるはなにの花そも
1008君されはのへにまつさく見れとあかぬ花まひなしにたたなのるへき花のななれや
1009はつせ河ふるかはのへにふたもとあるすき年をへて又もあひ見むふたもとあるすき
1010きみかさすみかさの山のもみちはのいろ神な月しくれのあめのそめるなりけり
1011梅花見にこそきつれ鶯の人く人くといとひしもをる
1012山吹の花色衣ぬしやたれとへとこたへすくちなしにして
1013いくはくの田をつくれはか郭公してのたをさをあさなあさなよふ
1014いつしかとまたく心をはきにあけてあまのかはらをけふやわたらむ
1015むつこともまたつきなくにあけぬめりいつらは秋のなかしてふよは
1016秋ののになまめきたてるをみなへしあなかしかまし花もひと時
1017あきくれはのへにたはるる女郎花いつれの人かつまて見るへき
1018秋きりのはれてくもれはをみなへし花のすかたそ見えかくれする
1019花と見てをらむとすれはをみなへしうたたあるさまの名にこそ有りけれ
1020秋風にほころひぬらしふちはかまつつりさせてふ蟋蟀なく
1021冬なから春の隣のちかけれはなかかきよりそ花はちりける
1022いそのかみふりにしこひの神さひてたたるに我はいそねかねつる
1023枕よりあとよりこひのせめくれはせむ方なみそとこなかにをる
1024こひしきか方も方こそ有りときけたてれをれともなき心ちかな
1025ありぬやと心みかてらあひ見ねはたはふれにくきまてそこひしき
1026みみなしの山のくちなしえてしかな思ひの色のしたそめにせむ
1027葦引の山田のそほつおのれさへ我をほしてふうれはしきこと
1028ふしのねのならぬおもひにもえはもえ神たにけたぬむなしけふりを
1029あひ見まく星はかすなく有りなから人に月なみ迷ひこそすれ
1030人にあはむ月のなきには思ひおきてむねはしり火に心やけをり
1031春霞たなひくのへのわかなにもなり見てしかな人もつむやと
1032おもへとも猶うとまれぬ春霞かからぬ山もあらしとおもへは
1033春の野のしけき草はのつまこひにとひたつきしのほろろとそなく
1034秋ののにつまなきしかの年をへてなそわかこひのかひよとそなく
1035蝉の羽のひとへにうすき夏衣なれはよりなむ物にやはあらぬ
1036かくれぬのしたよりおふるねぬなはのねぬなはたてしくるないとひそ
1037ことならは思はすとやはいひはてぬなそ世中のたまたすきなる
1038おもふてふ人の心のくまことにたちかくれつつ見るよしもかな
1039思へともおもはすとのみいふなれはいなやおもはし思ふかひなし
1040我をのみ思ふといははあるへきをいてや心はおほぬさにして
1041われを思ふ人をおもはぬむくいにやわか思ふ人の我をおもはぬ
1042思ひけむ人をそともにおもはましまさしやむくいなかりけりやは
1043いててゆかむ人をととめむよしなきにとなりの方にはなもひぬかな
1044紅にそめし心もたのまれす人をあくにはうつるてふなり
1045いとはるるわか身ははるのこまなれやのかひかてらにはなちすてつる
1046鶯のこそのやとりのふるすとや我には人のつれなかるらむ
1047さかしらに夏は人まねささのはのさやくしもよをわかひとりぬる
1048逢ふ事の今ははつかになりぬれは夜ふかからては月なかりけり
1049もろこしのよしのの山にこもるともおくれむと思ふ我ならなくに
1050雲はれぬあさまの山のあさましや人の心を見てこそやまめ
1051なにはなるなからのはしもつくるなり今はわか身をなににたとへむ
1052まめなれとなにそはよけくかるかやのみたれてあれとあしけくもなし
1053なにかその名の立つ事のをしからむしりてまとふは我ひとりかは
1054よそなからわか身にいとのよるといへはたたいつはりにすくはかりなり
1055ねき事をさのみききけむやしろこそはてはなけきのもりとなるらめ
1056なけきこる山としたかくなりぬれはつらつゑのみそまつつかれける
1057なけきをはこりのみつみてあしひきの山のかひなくなりぬへらなり
1058人こふる事をおもにとになひもてあふこなきこそわひしかりけれ
1059よひのまにいてていりぬるみか月のわれて物思ふころにもあるかな
1060そゑにとてとすれはかかりかくすれはあないひしらすあふさきるさに
1061世中のうきたひことに身をなけはふかき谷こそあさくなりなめ
1062よのなかはいかにくるしと思ふらむここらの人にうらみらるれは
1063なにをして身のいたつらにおいぬらむ年のおもはむ事そやさしき
1064身はすてつ心をたにもはふらさしつひにはいかかなるとしるへく
1065白雪の友にわか身はふりぬれと心はきえぬ物にそありける
1066梅花さきてののちの身なれはやすき物とのみ人のいふらむ
1067わひしらにましらななきそあしひきの山のかひあるけふにやはあらぬ
1068世をいとひこのもとことにたちよりてうつふしそめのあさのきぬなり
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1015番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1015番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1015番について歌番号1015詞書題しらす作者|歌人凡河内みつね和歌むつこともまたつきなくにあけぬめりいつらは秋のなかしてふよは読み仮名ふりがなむつことも-またつきなく...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1031番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1031番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1031番について歌番号1031詞書誹諧歌寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人藤原おきかせ和歌春霞たなひくのへのわかなにもなり見てしかな人もつむやと読み仮名ふりがなは...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1047番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1047番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1047番について歌番号1047詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌さかしらに夏は人まねささのはのさやくしもよをわかひとりぬる読み仮名ふりがなさかしらに-なつはひ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1063番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1063番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1063番について歌番号1063詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌なにをして身のいたつらにおいぬらむ年のおもはむ事そやさしき読み仮名ふりがななにをして-みのいた...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1016番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1016番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1016番について歌番号1016詞書題しらす作者|歌人僧正へんせう和歌秋ののになまめきたてるをみなへしあなかしかまし花もひと時読み仮名ふりがなあきののに-なまめきたてる-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1032番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1032番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1032番について歌番号1032詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌おもへとも猶うとまれぬ春霞かからぬ山もあらしとおもへは読み仮名ふりがなおもへとも-なほうとまれ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1048番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1048番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1048番について歌番号1048詞書誹諧歌題しらす作者|歌人平中興和歌逢ふ事の今ははつかになりぬれは夜ふかからては月なかりけり読み仮名ふりがなあふことの-いまははつかに-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1064番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1064番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1064番について歌番号1064詞書誹諧歌題しらす作者|歌人おきかせ和歌身はすてつ心をたにもはふらさしつひにはいかかなるとしるへく読み仮名ふりがなみはすてつ-こころをたに...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1001番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1001番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1001番について歌番号1001詞書短歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あはむとおもへは読み仮名ふりがなあふことの-まれなるいろに-おもひそめ-わかみはつねに-あまくも...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1017番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1017番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1017番について歌番号1017詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あきくれはのへにたはるる女郎花いつれの人かつまて見るへき読み仮名ふりがなあきくれは-のへにたはるる-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1033番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1033番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1033番について歌番号1033詞書誹諧歌題しらす作者|歌人平貞文和歌春の野のしけき草はのつまこひにとひたつきしのほろろとそなく読み仮名ふりがなはるののの-しけきくさはの...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1049番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1049番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1049番について歌番号1049詞書誹諧歌題しらす作者|歌人左のおほいまうちきみ和歌もろこしのよしのの山にこもるともおくれむと思ふ我ならなくに読み仮名ふりがなもろこしの-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1065番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1065番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1065番について歌番号1065詞書誹諧歌題しらす作者|歌人千さと和歌白雪の友にわか身はふりぬれと心はきえぬ物にそありける読み仮名ふりがなしらゆきの-ともにわかみは-ふり...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1002番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1002番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1002番について歌番号1002詞書短歌ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた作者|歌人つらゆき和歌もりやしぬらむ読み仮名ふりがなちはやふる-かみのみよより-くれ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1018番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1018番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1018番について歌番号1018詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌秋きりのはれてくもれはをみなへし花のすかたそ見えかくれする読み仮名ふりがなあききりの-はれてくもれは...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1034番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1034番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1034番について歌番号1034詞書誹諧歌題しらす作者|歌人きのよしひと和歌秋ののにつまなきしかの年をへてなそわかこひのかひよとそなく読み仮名ふりがなあきののに-つまなき...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1050番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1050番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1050番について歌番号1050詞書誹諧歌題しらす作者|歌人なかき和歌雲はれぬあさまの山のあさましや人の心を見てこそやまめ読み仮名ふりがなくもはれぬ-あさまのやまの-あさ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1066番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1066番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1066番について歌番号1066詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌梅花さきてののちの身なれはやすき物とのみ人のいふらむ読み仮名ふりがなうめのはな-さきてののちの...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1003番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1003番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1003番について歌番号1003詞書短歌ふるうたにくはへてたてまつれるなかうた作者|歌人壬生忠岑和歌わかえつつ見む読み仮名ふりがなくれたけの-よよのふること-なかりせは-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1019番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1019番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1019番について歌番号1019詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌花と見てをらむとすれはをみなへしうたたあるさまの名にこそ有りけれ読み仮名ふりがなはなとみて-をらむと...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1035番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1035番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1035番について歌番号1035詞書誹諧歌題しらす作者|歌人みつね和歌蝉の羽のひとへにうすき夏衣なれはよりなむ物にやはあらぬ読み仮名ふりがなせみのはの-ひとへにうすき-な...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1051番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1051番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1051番について歌番号1051詞書誹諧歌題しらす作者|歌人伊勢和歌なにはなるなからのはしもつくるなり今はわか身をなににたとへむ読み仮名ふりがななにはなる-なからのはしも...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1067番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1067番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1067番について歌番号1067詞書誹諧歌法皇にし河におはしましたりける日、さる山のかひにさけふといふことを題にてよませたまうける作者|歌人みつね和歌わひしらにましらなな...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1004番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1004番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1004番について歌番号1004詞書短歌ふるうたにくはへてたてまつれるなかうた(反歌)作者|歌人壬生忠岑和歌君か世にあふさか山のいはし水こかくれたりと思ひけるかな読み仮名...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1020番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1020番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1020番について歌番号1020詞書誹諧歌寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人在原むねやな和歌秋風にほころひぬらしふちはかまつつりさせてふ蟋蟀なく読み仮名ふりがなあき...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1036番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1036番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1036番について歌番号1036詞書誹諧歌題しらす作者|歌人たたみね和歌かくれぬのしたよりおふるねぬなはのねぬなはたてしくるないとひそ読み仮名ふりがなかくれぬの-したより...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1052番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1052番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1052番について歌番号1052詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌まめなれとなにそはよけくかるかやのみたれてあれとあしけくもなし読み仮名ふりがなまめなれと-なに...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1068番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1068番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1068番について歌番号1068詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世をいとひこのもとことにたちよりてうつふしそめのあさのきぬなり読み仮名ふりがなよをいとひ-この...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1005番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1005番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1005番について歌番号1005詞書冬のなかうた作者|歌人凡河内躬恒和歌すくしつるかな読み仮名ふりがなちはやふる-かみなつきとや-けさよりは-くもりもあへす-はつしくれ-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1021番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1021番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1021番について歌番号1021詞書誹諧歌あすはるたたむとしける日、となりの家のかたより風の雪をふきこしけるを見て、そのとなりへよみてつかはしける作者|歌人清原ふかやふ和...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1037番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1037番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1037番について歌番号1037詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ことならは思はすとやはいひはてぬなそ世中のたまたすきなる読み仮名ふりがなことならは-おもはすと...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1053番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1053番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1053番について歌番号1053詞書誹諧歌題しらす作者|歌人おきかせ和歌なにかその名の立つ事のをしからむしりてまとふは我ひとりかは読み仮名ふりがななにかその-なのたつこと...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1006番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1006番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1006番について歌番号1006詞書七条のきさきうせたまひにけるのちによみける作者|歌人伊勢和歌よそにこそ見め読み仮名ふりがなおきつなみ-あれのみまさる-みやのうちは-と...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1022番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1022番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1022番について歌番号1022詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いそのかみふりにしこひの神さひてたたるに我はいそねかねつる読み仮名ふりがないそのかみ-ふりにし...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1038番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1038番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1038番について歌番号1038詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌おもふてふ人の心のくまことにたちかくれつつ見るよしもかな読み仮名ふりがなおもふてふ-ひとのここ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1054番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1054番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1054番について歌番号1054詞書誹諧歌いとこなりけるをとこによそへて人のいひけれは作者|歌人くそ和歌よそなからわか身にいとのよるといへはたたいつはりにすくはかりなり読...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1007番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1007番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1007番について歌番号1007詞書旋頭歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌うちわたすをち方人に物まうすわれそのそこにしろくさけるはなにの花そも読み仮名ふりがなうちわたす...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1023番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1023番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1023番について歌番号1023詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌枕よりあとよりこひのせめくれはせむ方なみそとこなかにをる読み仮名ふりがなまくらより-あとよりこ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1039番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1039番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1039番について歌番号1039詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌思へともおもはすとのみいふなれはいなやおもはし思ふかひなし読み仮名ふりがなおもへとも-おもはす...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1055番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1055番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1055番について歌番号1055詞書誹諧歌題しらす作者|歌人さぬき和歌ねき事をさのみききけむやしろこそはてはなけきのもりとなるらめ読み仮名ふりがなねきことを-さのみききけ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1008番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1008番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1008番について歌番号1008詞書旋頭歌返し作者|歌人よみ人しらす和歌君されはのへにまつさく見れとあかぬ花まひなしにたたなのるへき花のななれや読み仮名ふりがなはるされは...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1024番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1024番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1024番について歌番号1024詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌こひしきか方も方こそ有りときけたてれをれともなき心ちかな読み仮名ふりがなこひしきか-かたもかた...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1040番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1040番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1040番について歌番号1040詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌我をのみ思ふといははあるへきをいてや心はおほぬさにして読み仮名ふりがなわれをのみ-おもふといは...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1056番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1056番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1056番について歌番号1056詞書誹諧歌題しらす作者|歌人大輔和歌なけきこる山としたかくなりぬれはつらつゑのみそまつつかれける読み仮名ふりがななけきこる-やまとしたかく...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1009番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1009番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1009番について歌番号1009詞書旋頭歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌はつせ河ふるかはのへにふたもとあるすき年をへて又もあひ見むふたもとあるすき読み仮名ふりがなはつ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1025番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1025番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1025番について歌番号1025詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ありぬやと心みかてらあひ見ねはたはふれにくきまてそこひしき読み仮名ふりがなありぬやと-こころみ...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1041番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1041番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1041番について歌番号1041詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌われを思ふ人をおもはぬむくいにやわか思ふ人の我をおもはぬ読み仮名ふりがなわれをおもふ-ひとをお...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1057番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1057番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1057番について歌番号1057詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌なけきをはこりのみつみてあしひきの山のかひなくなりぬへらなり読み仮名ふりがななけきをは-こりの...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1010番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1010番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1010番について歌番号1010詞書旋頭歌題しらす作者|歌人つらゆき和歌きみかさすみかさの山のもみちはのいろ神な月しくれのあめのそめるなりけり読み仮名ふりがなきみかさす-...
古今和歌集|巻十九巻|雑体

古今和歌集1026番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1026番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1026番について歌番号1026詞書誹諧歌題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌みみなしの山のくちなしえてしかな思ひの色のしたそめにせむ読み仮名ふりがなみみなしの-やまのくち...
タイトルとURLをコピーしました