古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集の巻七巻「賀」の和歌一覧まとめ。

巻七巻|賀

343わか君は千世にやちよにさされいしのいはほとなりてこけのむすまて
344渡つ海の浜のまさこをかそへつつ君かちとせのありかすにせむ
345しほの山さしてのいそにすむ千鳥きみかみ世をはやちよとそなく
346わかよはひ君かやちよにとりそへてととめおきては思ひいてにせよ
347かくしつつとにもかくにもなからへて君かやちよにあふよしもかな
348ちはやふる神やきりけむつくからにちとせの坂もこえぬへらなり
349さくら花ちりかひくもれおいらくのこむといふなる道まかふかに
350亀の尾の山のいはねをとめておつるたきの白玉千世のかすかも
351いたつらにすくす月日はおもほえて花見てくらす春そすくなき
352春くれはやとにまつさく梅花君かちとせのかさしとそ見る
353いにしへにありきあらすはしらねともちとせのためし君にはしめむ
354ふしておもひおきてかそふるよろつよは神そしるらむわかきみのため
355鶴亀もちとせののちはしらなくにあかぬ心にまかせはててむ
356よろつ世を松にそ君をいはひつるちとせのかけにすまむと思へは
357かすかのにわかなつみつつよろつ世をいはふ心は神そしるらむ
358山たかみくもゐに見ゆるさくら花心の行きてをらぬ日そなき
359めつらしきこゑならなくに郭公ここらの年をあかすもあるかな
360住の江の松を秋風吹くからにこゑうちそふるおきつ白浪
361千鳥なくさほの河きりたちぬらし山のこのはも色まさりゆく
362秋くれと色もかはらぬときは山よそのもみちを風そかしける
363白雪のふりしく時はみよしのの山した風に花そちりける
364峰たかきかすかの山にいつる日はくもる時なくてらすへらなり
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集357番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集357番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集357番について歌番号357詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた作者|歌人そせい法し和歌かすかのにわかなつみ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集358番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集358番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集358番について歌番号358詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた作者|歌人そせい法し和歌山たかみくもゐに見ゆ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集343番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集343番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集343番について歌番号343詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わか君は千世にやちよにさされいしのいはほとなりてこけのむすまて読み仮名ふりがなわかきみは-ちよにやちよに-...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集359番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集359番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集359番について歌番号359詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた夏作者|歌人そせい法し和歌めつらしきこゑなら...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集344番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集344番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集344番について歌番号344詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌渡つ海の浜のまさこをかそへつつ君かちとせのありかすにせむ読み仮名ふりがなわたつうみの-はまのまさこを-かそ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集360番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集360番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集360番について歌番号360詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌住の江の松を秋風吹...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集345番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集345番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集345番について歌番号345詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌しほの山さしてのいそにすむ千鳥きみかみ世をはやちよとそなく読み仮名ふりがなしほのやま-さしてのいそに-すむ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集361番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集361番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集361番について歌番号361詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌千鳥なくさほの河き...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集346番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集346番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集346番について歌番号346詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わかよはひ君かやちよにとりそへてととめおきては思ひいてにせよ読み仮名ふりがなわかよはひ-きみかやちよに-と...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集362番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集362番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集362番について歌番号362詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌秋くれと色もかはら...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集347番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集347番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集347番について歌番号347詞書仁和の御時僧正遍昭に七十賀たまひける時の御歌作者|歌人仁和帝和歌かくしつつとにもかくにもなからへて君かやちよにあふよしもかな読み仮名ふりがな...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集363番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集363番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集363番について歌番号363詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた冬作者|歌人そせい法し和歌白雪のふりしく時は...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集348番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集348番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集348番について歌番号348詞書仁和のみかとのみこにおはしましける時に、御をはのやそちの賀にしろかねをつゑにつくれりけるを見て、かの御をはにかはりてよみける作者|歌人僧正へ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集364番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集364番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集364番について歌番号364詞書春宮のむまれたまへりける時にまゐりてよめる作者|歌人典侍藤原よるかの朝臣和歌峰たかきかすかの山にいつる日はくもる時なくてらすへらなり読み仮名...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集349番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集349番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集349番について歌番号349詞書ほりかはのおほいまうちきみの四十賀、九条の家にてしける時によめる作者|歌人在原業平朝臣和歌さくら花ちりかひくもれおいらくのこむといふなる道ま...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集350番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集350番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集350番について歌番号350詞書さたときのみこのをはのよそちの賀を大井にてしける日よめる作者|歌人きのこれをか和歌亀の尾の山のいはねをとめておつるたきの白玉千世のかすかも読...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集351番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集351番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集351番について歌番号351詞書さたやすのみこのきさいの宮の五十の賀たてまつりける御屏風に、さくらの花のちるしたに人の花見たるかたかけるをよめる作者|歌人ふちはらのおきかせ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集352番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集352番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集352番について歌番号352詞書もとやすのみこの七十の賀のうしろの屏風によみてかきける作者|歌人きのつらゆき和歌春くれはやとにまつさく梅花君かちとせのかさしとそ見る読み仮名...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集353番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集353番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集353番について歌番号353詞書もとやすのみこの七十の賀のうしろの屏風によみてかきける作者|歌人そせい法し和歌いにしへにありきあらすはしらねともちとせのためし君にはしめむ読...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集354番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集354番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集354番について歌番号354詞書もとやすのみこの七十の賀のうしろの屏風によみてかきける作者|歌人そせい法し和歌ふしておもひおきてかそふるよろつよは神そしるらむわかきみのため...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集355番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集355番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集355番について歌番号355詞書藤原三善か六十賀によみけるこの歌は、ある人、在原のときはるかともいふ作者|歌人在原しけはる(一説、在原ときはる)和歌鶴亀もちとせののちはしら...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集356番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集356番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集356番について歌番号356詞書よしみねのつねなりかよそちの賀にむすめにかはりてよみ侍りける作者|歌人そせい法し和歌よろつ世を松にそ君をいはひつるちとせのかけにすまむと思へ...
タイトルとURLをコピーしました