古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集の巻五巻「秋下」の和歌一覧まとめ。

巻五巻|秋下

249吹くからに秋の草木のしをるれはむへ山かせをあらしといふらむ
250草も木も色かはれともわたつうみの浪の花にそ秋なかりける
251紅葉せぬときはの山は吹く風のおとにや秋をききわたるらむ
252霧立ちて雁そなくなる片岡の朝の原は紅葉しぬらむ
253神な月時雨もいまたふらなくにかねてうつろふ神なひのもり
254ちはやふる神なひ山のもみちはに思ひはかけしうつろふものを
255おなしえをわきてこのはのうつろふは西こそ秋のはしめなりけれ
256秋風のふきにし日よりおとは山峰のこすゑも色つきにけり
257白露の色はひとつをいかにして秋のこのはをちちにそむらむ
258秋の夜のつゆをはつゆとおきなからかりの涙やのへをそむらむ
259あきのつゆいろいろことにおけはこそ山のこのはのちくさなるらめ
260しらつゆも時雨もいたくもる山はしたはのこらす色つきにけり
261雨ふれとつゆももらしをかさとりの山はいかてかもみちそめけむ
262ちはやふる神のいかきにはふくすも秋にはあへすうつろひにけり
263あめふれはかさとり山のもみちははゆきかふ人のそてさへそてる
264ちらねともかねてそをしきもみちはは今は限の色と見つれは
265たかための錦なれはか秋きりのさほの山辺をたちかくすらむ
266秋きりはけさはなたちそさほ山のははそのもみちよそにても見む
267佐保山のははその色はうすけれと秋は深くもなりにけるかな
268うゑしうゑは秋なき時やさかさらむ花こそちらめねさへかれめや
269久方の雲のうへにて見る菊はあまつほしとそあやまたれける
270露なからをりてかささむきくの花おいせぬ秋のひさしかるへく
271うゑし時花まちとほにありしきくうつろふ秋にあはむとや見し
272秋風の吹きあけにたてる白菊は花かあらぬか浪のよするか
273ぬれてほす山ちの菊のつゆのまにいつかちとせを我はへにけむ
274花見つつ人まつ時はしろたへの袖かとのみそあやまたれける
275ひともとと思ひしきくをおほさはの池のそこにもたれかうゑけむ
276秋の菊にほふかきりはかさしてむ花よりさきとしらぬわか身を
277心あてにをらはやをらむはつしものおきまとはせる白菊の花
278いろかはる秋のきくをはひととせにふたたひにほふ花とこそ見れ
279秋をおきて時こそ有りけれ菊の花うつろふからに色のまされは
280さきそめしやとしかはれは菊の花色さへにこそうつろひにけれ
281佐保山のははそのもみちちりぬへみよるさへ見よとてらす月影
282おく山のいはかきもみちちりぬへしてる日のひかり見る時なくて
283竜田河もみちみたれて流るめりわたらは錦なかやたえなむ
284たつた河もみちは流る神なひのみむろの山に時雨ふるらし
285こひしくは見てもしのはむもみちはを吹きなちらしそ山おろしのかせ
286秋風にあへすちりぬるもみちはのゆくへさためぬ我そかなしき
287あきはきぬ紅葉はやとにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし
288ふみわけてさらにやとはむもみちはのふりかくしてしみちとみなから
289秋の月山辺さやかにてらせるはおつるもみちのかすを見よとか
290吹く風の色のちくさに見えつるは秋のこのはのちれはなりけり
291霜のたてつゆのぬきこそよわからし山の錦のおれはかつちる
292わひ人のわきてたちよるこの本はたのむかけなくもみちちりけり
293もみちはのなかれてとまるみなとには紅深き浪や立つらむ
294ちはやふる神世もきかす竜田河唐紅に水くくるとは
295わかきつる方もしられすくらふ山木木のこのはのちるとまかふに
296神なひのみむろの山を秋ゆけは錦たちきる心地こそすれ
297見る人もなくてちりぬるおく山の紅葉はよるのにしきなりけり
298竜田ひめたむくる神のあれはこそ秋のこのはのぬさとちるらめ
299秋の山紅葉をぬさとたむくれはすむ我さへそたひ心ちする
300神なひの山をすき行く秋なれはたつた河にそぬさはたむくる
301白浪に秋のこのはのうかへるをあまのなかせる舟かとそ見る
302もみちはのなかれさりせは竜田河水の秋をはたれかしらまし
303山河に風のかけたるしからみは流れもあへぬ紅葉なりけり
304風ふけはおつるもみちは水きよみちらぬかけさへそこに見えつつ
305立ちとまり見てをわたらむもみちはは雨とふるとも水はまさらし
306山田もる秋のかりいほにおくつゆはいなおほせ鳥の涙なりけり
307ほにもいてぬ山田をもると藤衣いなはのつゆにぬれぬ日そなき
308かれる田におふるひつちのほにいてぬは世を今更に秋はてぬとか
309もみちはは袖にこきいれてもていてなむ秋は限と見む人のため
310み山よりおちくる水の色見てそ秋は限と思ひしりぬる
311年ことにもみちはなかす竜田河みなとや秋のとまりなるらむ
312ゆふつく夜をくらの山になくしかのこゑの内にや秋はくるらむ
313道しらはたつねもゆかむもみちはをぬさとたむけて秋はいにけり
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集263番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集263番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集263番について歌番号263詞書これさたのみこの家の歌合によめる作者|歌人たたみね和歌あめふれはかさとり山のもみちははゆきかふ人のそてさへそてる読み仮名ふりがなあめふれは-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集279番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集279番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集279番について歌番号279詞書仁和寺にきくのはなめしける時にうたそへてたてまつれとおほせられけれは、よみてたてまつりける作者|歌人平さたふん和歌秋をおきて時こそ有りけれ菊...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集295番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集295番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集295番について歌番号295詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人としゆきの朝臣和歌わかきつる方もしられすくらふ山木木のこのはのちるとまかふに読み仮名ふりがなわかきつ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集311番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集311番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集311番について歌番号311詞書秋のはつる心をたつた河に思ひやりてよめる作者|歌人つらゆき和歌年ことにもみちはなかす竜田河みなとや秋のとまりなるらむ読み仮名ふりがなとしこと...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集264番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集264番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集264番について歌番号264詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌ちらねともかねてそをしきもみちはは今は限の色と見つれは読み仮名ふりがなちらねとも-か...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集280番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集280番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集280番について歌番号280詞書人の家なりけるきくの花をうつしうゑたりけるをよめる作者|歌人つらゆき和歌さきそめしやとしかはれは菊の花色さへにこそうつろひにけれ読み仮名ふり...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集296番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集296番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集296番について歌番号296詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人たたみね和歌神なひのみむろの山を秋ゆけは錦たちきる心地こそすれ読み仮名ふりがなかみなひの-みむろのや...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集312番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集312番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集312番について歌番号312詞書なか月のつこもりの日大井にてよめる作者|歌人つらゆき和歌ゆふつく夜をくらの山になくしかのこゑの内にや秋はくるらむ読み仮名ふりがなゆふつくよ-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集249番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集249番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集249番について歌番号249詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人文屋やすひて和歌吹くからに秋の草木のしをるれはむへ山かせをあらしといふらむ読み仮名ふりがなふくからに...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集265番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集265番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集265番について歌番号265詞書やまとのくににまかりける時、さほ山にきりのたてりけるを見てよめる作者|歌人きのとものり和歌たかための錦なれはか秋きりのさほの山辺をたちかくす...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集281番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集281番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集281番について歌番号281詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌佐保山のははそのもみちちりぬへみよるさへ見よとてらす月影読み仮名ふりがなさほやまの-ははそのもみち-ちりぬ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集297番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集297番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集297番について歌番号297詞書北山に紅葉をらむとてまかれりける時によめる作者|歌人つらゆき和歌見る人もなくてちりぬるおく山の紅葉はよるのにしきなりけり読み仮名ふりがなみる...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集313番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集313番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集313番について歌番号313詞書おなし(なか月)つこもりの日よめる作者|歌人みつね和歌道しらはたつねもゆかむもみちはをぬさとたむけて秋はいにけり読み仮名ふりがなみちしらは-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集250番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集250番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集250番について歌番号250詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人文屋やすひて和歌草も木も色かはれともわたつうみの浪の花にそ秋なかりける読み仮名ふりがなくさもきも-い...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集266番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集266番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集266番について歌番号266詞書是貞のみこの家の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌秋きりはけさはなたちそさほ山のははそのもみちよそにても見む読み仮名ふりがなあききりは-け...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集282番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集282番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集282番について歌番号282詞書みやつかへひさしうつかうまつらて山さとにこもり侍りけるによめる作者|歌人藤原関雄和歌おく山のいはかきもみちちりぬへしてる日のひかり見る時なく...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集298番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集298番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集298番について歌番号298詞書秋のうた作者|歌人かねみの王和歌竜田ひめたむくる神のあれはこそ秋のこのはのぬさとちるらめ読み仮名ふりがなたつたひめ-たむくるかみの-あれはこ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集251番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集251番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集251番について歌番号251詞書秋の歌合しける時によめる作者|歌人紀よしもち和歌紅葉せぬときはの山は吹く風のおとにや秋をききわたるらむ読み仮名ふりがなもみちせぬ-ときはのや...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集267番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集267番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集267番について歌番号267詞書秋のうたとてよめる作者|歌人坂上是則和歌佐保山のははその色はうすけれと秋は深くもなりにけるかな読み仮名ふりがなさほやまの-ははそのいろは-う...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集283番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集283番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集283番について歌番号283詞書題しらすこの歌は、ある人、ならのみかとの御歌なりとなむ申す作者|歌人よみ人しらす(一説、ならのみかと)和歌竜田河もみちみたれて流るめりわたら...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集299番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集299番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集299番について歌番号299詞書をのといふ所にすみ侍りける時もみちを見てよめる作者|歌人つらゆき和歌秋の山紅葉をぬさとたむくれはすむ我さへそたひ心ちする読み仮名ふりがなあき...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集252番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集252番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集252番について歌番号252詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌霧立ちて雁そなくなる片岡の朝の原は紅葉しぬらむ読み仮名ふりがなきりたちて-かりそなくなる-かたをかの-あし...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集268番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集268番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集268番について歌番号268詞書人のせんさいにきくにむすひつけてうゑけるうた作者|歌人在原なりひらの朝臣和歌うゑしうゑは秋なき時やさかさらむ花こそちらめねさへかれめや読み仮...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集284番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集284番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集284番について歌番号284詞書題しらす又は、あすかかはもみちはなかる(此歌右注人丸歌、他本同)作者|歌人よみ人しらす(一説、人丸)和歌たつた河もみちは流る神なひのみむろの...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集300番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集300番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集300番について歌番号300詞書神なひの山をすきて竜田河をわたりける時に、もみちのなかれけるをよめる作者|歌人きよはらのふかやふ和歌神なひの山をすき行く秋なれはたつた河にそ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集253番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集253番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集253番について歌番号253詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌神な月時雨もいまたふらなくにかねてうつろふ神なひのもり読み仮名ふりがなかみなつき-しくれもいまた-ふらなく...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集269番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集269番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集269番について歌番号269詞書寛平御時きくの花をよませたまうけるこの歌は、また殿上ゆるされさりける時にめしあけられてつかうまつれるとなむ作者|歌人としゆきの朝臣和歌久方の...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集285番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集285番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集285番について歌番号285詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌こひしくは見てもしのはむもみちはを吹きなちらしそ山おろしのかせ読み仮名ふりがなこひしくは-みてもしのはむ-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集301番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集301番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集301番について歌番号301詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人ふちはらのおきかせ和歌白浪に秋のこのはのうかへるをあまのなかせる舟かとそ見る読み仮名ふりがなしらなみ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集254番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集254番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集254番について歌番号254詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ちはやふる神なひ山のもみちはに思ひはかけしうつろふものを読み仮名ふりがなちはやふる-かみなひやまの-もみち...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集270番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集270番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集270番について歌番号270詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人きのとものり和歌露なからをりてかささむきくの花おいせぬ秋のひさしかるへく読み仮名ふりがなつゆなから-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集286番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集286番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集286番について歌番号286詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌秋風にあへすちりぬるもみちはのゆくへさためぬ我そかなしき読み仮名ふりがなあきかせに-あへすちりぬる-もみち...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集302番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集302番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集302番について歌番号302詞書たつた河のほとりにてよめる作者|歌人坂上これのり和歌もみちはのなかれさりせは竜田河水の秋をはたれかしらまし読み仮名ふりがなもみちはの-なかれ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集255番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集255番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集255番について歌番号255詞書貞観御時、綾綺殿のまへに梅の木ありけり、にしの方にさせりけるえたのもみちはしめたりけるをうへにさふらふをのことものよみけるついてによめる作者...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集271番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集271番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集271番について歌番号271詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人大江千里和歌うゑし時花まちとほにありしきくうつろふ秋にあはむとや見し読み仮名ふりがなうゑしとき-はな...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集287番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集287番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集287番について歌番号287詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あきはきぬ紅葉はやとにふりしきぬ道ふみわけてとふ人はなし読み仮名ふりがなあきはきぬ-もみちはやとに-ふりし...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集303番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集303番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集303番について歌番号303詞書しかの山こえにてよめる作者|歌人はるみちのつらき和歌山河に風のかけたるしからみは流れもあへぬ紅葉なりけり読み仮名ふりがなやまかはに-かせのか...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集256番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集256番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集256番について歌番号256詞書いしやまにまうてける時、おとは山のもみちを見てよめる作者|歌人つらゆき和歌秋風のふきにし日よりおとは山峰のこすゑも色つきにけり読み仮名ふりが...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集272番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集272番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集272番について歌番号272詞書おなし御時せられけるきくあはせに、すはまをつくりて菊の花うゑたりけるにくはへたりけるうた、ふきあけのはまのかたにきくうゑたりけるによめる作者...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集288番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集288番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集288番について歌番号288詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ふみわけてさらにやとはむもみちはのふりかくしてしみちとみなから読み仮名ふりがなふみわけて-さらにやとはむ-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集304番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集304番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集304番について歌番号304詞書池のほとりにてもみちのちるをよめる作者|歌人みつね和歌風ふけはおつるもみちは水きよみちらぬかけさへそこに見えつつ読み仮名ふりがなかせふけは-...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集257番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集257番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集257番について歌番号257詞書これさたのみこの家の歌合によめる作者|歌人としゆきの朝臣和歌白露の色はひとつをいかにして秋のこのはをちちにそむらむ読み仮名ふりがなしらつゆの...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集273番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集273番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集273番について歌番号273詞書仙宮に菊をわけて人のいたれるかたをよめる作者|歌人素性法師和歌ぬれてほす山ちの菊のつゆのまにいつかちとせを我はへにけむ読み仮名ふりがなぬれて...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集289番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集289番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集289番について歌番号289詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌秋の月山辺さやかにてらせるはおつるもみちのかすを見よとか読み仮名ふりがなあきのつき-やまへさやかに-てらせ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集305番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集305番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集305番について歌番号305詞書亭子院の御屏風のゑに、河わたらむとする人のもみちのちる木のもとにむまをひかへてたてるをよませたまひけれは、つかうまつりける作者|歌人みつね和...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集258番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集258番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集258番について歌番号258詞書これさたのみこの家の歌合によめる作者|歌人壬生忠岑和歌秋の夜のつゆをはつゆとおきなからかりの涙やのへをそむらむ読み仮名ふりがなあきのよの-つ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集274番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集274番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集274番について歌番号274詞書菊の花のもとにて人の人まてるかたをよめる作者|歌人とものり和歌花見つつ人まつ時はしろたへの袖かとのみそあやまたれける読み仮名ふりがなはなみつ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集290番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集290番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集290番について歌番号290詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌吹く風の色のちくさに見えつるは秋のこのはのちれはなりけり読み仮名ふりがなふくかせの-いろのちくさに-みえつ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集306番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集306番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集306番について歌番号306詞書是貞のみこの家の歌合のうた作者|歌人たたみね和歌山田もる秋のかりいほにおくつゆはいなおほせ鳥の涙なりけり読み仮名ふりがなやまたもる-あきのか...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集259番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集259番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集259番について歌番号259詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あきのつゆいろいろことにおけはこそ山のこのはのちくさなるらめ読み仮名ふりがなあきのつゆ-いろいろことに-お...
タイトルとURLをコピーしました