古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集の巻六巻「冬」の和歌一覧まとめ。

巻六巻|冬

314竜田河錦おりかく神な月しくれの雨をたてぬきにして
315山里は冬そさひしさまさりける人めも草もかれぬと思へは
316おほそらの月のひかりしきよけれは影見し水そまつこほりける
317ゆふされは衣手さむしみよしののよしのの山にみ雪ふるらし
318今よりはつきてふらなむわかやとのすすきおしなみふれるしら雪
319ふる雪はかつそけぬらしあしひきの山のたきつせおとまさるなり
320この河にもみちは流るおく山の雪けの水そ今まさるらし
321ふるさとはよしのの山しちかけれはひと日もみ雪ふらぬ日はなし
322わかやとは雪ふりしきてみちもなしふみわけてとふ人しなけれは
323雪ふれは冬こもりせる草も木も春にしられぬ花そさきける
324白雪のところもわかすふりしけはいはほにもさく花とこそ見れ
325みよしのの山の白雪つもるらしふるさとさむくなりまさるなり
326浦ちかくふりくる雪は白浪の末の松山こすかとそ見る
327みよしのの山の白雪ふみわけて入りにし人のおとつれもせぬ
328白雪のふりてつもれる山さとはすむ人さへや思ひきゆらむ
329ゆきふりて人もかよはぬみちなれやあとはかもなく思ひきゆらむ
330冬なからそらより花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらむ
331ふゆこもり思ひかけぬをこのまより花と見るまて雪そふりける
332あさほらけありあけの月と見るまてによしののさとにふれるしらゆき
333けぬかうへに又もふりしけ春霞たちなはみ雪まれにこそ見め
334梅花それとも見えす久方のあまきる雪のなへてふれれは
335花の色は雪にましりて見えすともかをたににほへ人のしるへく
336梅のかのふりおける雪にまかひせはたれかことことわきてをらまし
337雪ふれは木ことに花そさきにけるいつれを梅とわきてをらまし
338わかまたぬ年はきぬれと冬草のかれにし人はおとつれもせす
339あらたまの年のをはりになることに雪もわか身もふりまさりつつ
340雪ふりて年のくれぬる時にこそつひにもみちぬ松も見えけれ
341昨日といひけふとくらしてあすかかは流れてはやき月日なりけり
342ゆく年のをしくもあるかなますかかみ見るかけさへにくれぬと思へは
スポンサーリンク
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集329番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集329番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集329番について歌番号329詞書雪のふれるを見てよめる作者|歌人凡河内みつね和歌ゆきふりて人もかよはぬみちなれやあとはかもなく思ひきゆらむ読み仮名ふりがなゆきふりて-ひとも...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集330番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集330番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集330番について歌番号330詞書ゆきのふりけるをよみける作者|歌人きよはらのふかやふ和歌冬なからそらより花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらむ読み仮名ふりがなふゆなから-...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集331番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集331番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集331番について歌番号331詞書雪の木にふりかかれりけるをよめる作者|歌人つらゆき和歌ふゆこもり思ひかけぬをこのまより花と見るまて雪そふりける読み仮名ふりがなふゆこもり-お...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集332番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集332番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集332番について歌番号332詞書やまとのくににまかれりける時に、ゆきのふりけるを見てよめる作者|歌人坂上これのり和歌あさほらけありあけの月と見るまてによしののさとにふれるし...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集333番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集333番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集333番について歌番号333詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌けぬかうへに又もふりしけ春霞たちなはみ雪まれにこそ見め読み仮名ふりがなけぬかうへに-またもふりしけ-はるか...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集334番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集334番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集334番について歌番号334詞書題しらすこの歌は、ある人のいはく、柿本人まろか歌なり作者|歌人よみ人しらす(一説、柿本人まろ)和歌梅花それとも見えす久方のあまきる雪のなへて...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集335番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集335番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集335番について歌番号335詞書梅花にゆきのふれるをよめる作者|歌人小野たかむらの朝臣和歌花の色は雪にましりて見えすともかをたににほへ人のしるへく読み仮名ふりがなはなのいろ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集336番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集336番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集336番について歌番号336詞書雪のうちの梅花をよめる作者|歌人きのつらゆき和歌梅のかのふりおける雪にまかひせはたれかことことわきてをらまし読み仮名ふりがなうめのかの-ふり...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集337番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集337番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集337番について歌番号337詞書ゆきのふりけるを見てよめる作者|歌人きのとものり和歌雪ふれは木ことに花そさきにけるいつれを梅とわきてをらまし読み仮名ふりがなゆきふれは-きこ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集338番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集338番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集338番について歌番号338詞書物へまかりける人をまちてしはすのつこもりによめる作者|歌人みつね和歌わかまたぬ年はきぬれと冬草のかれにし人はおとつれもせす読み仮名ふりがなわ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集339番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集339番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集339番について歌番号339詞書年のはてによめる作者|歌人在原もとかた和歌あらたまの年のをはりになることに雪もわか身もふりまさりつつ読み仮名ふりがなあらたまの-としのをはり...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集324番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集324番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集324番について歌番号324詞書しかの山こえにてよめる作者|歌人紀あきみね和歌白雪のところもわかすふりしけはいはほにもさく花とこそ見れ読み仮名ふりがなしらゆきの-ところもわ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集340番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集340番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集340番について歌番号340詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌雪ふりて年のくれぬる時にこそつひにもみちぬ松も見えけれ読み仮名ふりがなゆきふりて-と...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集325番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集325番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集325番について歌番号325詞書ならの京にまかれりける時にやとれりける所にてよめる作者|歌人坂上これのり和歌みよしのの山の白雪つもるらしふるさとさむくなりまさるなり読み仮名...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集341番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集341番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集341番について歌番号341詞書年のはてによめる作者|歌人はるみちのつらき和歌昨日といひけふとくらしてあすかかは流れてはやき月日なりけり読み仮名ふりがなきのふといひ-けふと...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集326番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集326番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集326番について歌番号326詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人ふちはらのおきかせ和歌浦ちかくふりくる雪は白浪の末の松山こすかとそ見る読み仮名ふりがなうらちかく-ふ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集342番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集342番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集342番について歌番号342詞書歌たてまつれとおほせられし時によみてたてまつれる作者|歌人きのつらゆき和歌ゆく年のをしくもあるかなますかかみ見るかけさへにくれぬと思へは読み...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集327番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集327番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集327番について歌番号327詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人壬生忠岑和歌みよしのの山の白雪ふみわけて入りにし人のおとつれもせぬ読み仮名ふりがなみよしのの-やまの...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集328番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集328番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集328番について歌番号328詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人壬生忠岑和歌白雪のふりてつもれる山さとはすむ人さへや思ひきゆらむ読み仮名ふりがなしらゆきの-ふりてつ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集314番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集314番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集314番について歌番号314詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌竜田河錦おりかく神な月しくれの雨をたてぬきにして読み仮名ふりがなたつたかは-にしきおりかく-かみなつき-し...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集315番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集315番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集315番について歌番号315詞書冬の歌とてよめる作者|歌人源宗于朝臣和歌山里は冬そさひしさまさりける人めも草もかれぬと思へは読み仮名ふりがなやまさとは-ふゆそさひしさ-まさ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集316番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集316番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集316番について歌番号316詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌おほそらの月のひかりしきよけれは影見し水そまつこほりける読み仮名ふりがなおほそらの-つきのひかりし-きよけれ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集317番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集317番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集317番について歌番号317詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ゆふされは衣手さむしみよしののよしのの山にみ雪ふるらし読み仮名ふりがなゆふされは-ころもてさむし-みよしのの...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集318番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集318番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集318番について歌番号318詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌今よりはつきてふらなむわかやとのすすきおしなみふれるしら雪読み仮名ふりがないまよりは-つきてふらなむ-わかや...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集319番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集319番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集319番について歌番号319詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ふる雪はかつそけぬらしあしひきの山のたきつせおとまさるなり読み仮名ふりがなふるゆきは-かつそけぬらし-あしひ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集320番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集320番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集320番について歌番号320詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌この河にもみちは流るおく山の雪けの水そ今まさるらし読み仮名ふりがなこのかはに-もみちはなかる-おくやまの-ゆ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集321番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集321番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集321番について歌番号321詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌ふるさとはよしのの山しちかけれはひと日もみ雪ふらぬ日はなし読み仮名ふりがなふるさとは-よしののやまし-ちかけ...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集322番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集322番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集322番について歌番号322詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌わかやとは雪ふりしきてみちもなしふみわけてとふ人しなけれは読み仮名ふりがなわかやとは-ゆきふりしきて-みちも...
古今和歌集|巻六巻|冬

古今和歌集323番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集323番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集323番について歌番号323詞書冬のうたとて作者|歌人紀貫之和歌雪ふれは冬こもりせる草も木も春にしられぬ花そさきける読み仮名ふりがなゆきふれは-ふゆこもりせる-くさもきも-...