古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集の巻十四巻「恋四」の和歌一覧まとめ。

巻十四巻|恋四

677みちのくのあさかのぬまの花かつみかつ見る人にこひやわたらむ
678あひ見すはこひしきこともなからましおとにそ人をきくへかりける
679いそのかみふるのなか道なかなかに見すはこひしと思はましやは
680君てへは見まれ見すまれふしのねのめつらしけなくもゆるわかこひ
681夢にたに見ゆとは見えしあさなあさなわかおもかけにはつる身なれは
682いしま行く水の白浪立帰りかくこそは見めあかすもあるかな
683いせのあまのあさなゆふなにかつくてふみるめに人をあくよしもかな
684春霞たなひく山のさくら花見れともあかぬ君にもあるかな
685心をそわりなき物と思ひぬる見るものからやこひしかるへき
686かれはてむのちをはしらて夏草の深くも人のおもほゆるかな
687あすかかはふちはせになる世なりとも思ひそめてむ人はわすれし
688思ふてふ事のはのみや秋をへて色もかはらぬ物にはあるらむ
689さむしろに衣かたしきこよひもや我をまつらむうちのはしひめ
690君やこむ我やゆかむのいさよひにまきのいたともささすねにけり
691今こむといひしはかりに長月のありあけの月をまちいてつるかな
692月夜よしよよしと人につけやらはこてふににたりまたすしもあらす
693君こすはねやへもいらしこ紫わかもとゆひにしもはおくとも
694宮木ののもとあらのこはきつゆをおもみ風をまつこときみをこそまて
695あなこひし今も見てしか山かつのかきほにさける山となてしこ
696つのくにのなにはおもはす山しろのとはにあひ見むことをのみこそ
697しきしまややまとにはあらぬ唐衣ころもへすしてあふよしもかな
698こひしとはたかなつけけむことならむしぬとそたたにいふへかりける
699三吉野のおほかはのへの藤波のなみにおもははわかこひめやは
700かくこひむ物とは我も思ひにき心のうらそまさしかりける
701あまのはらふみととろかしなる神も思ふなかをはさくるものかは
702梓弓ひきののつつらすゑつひにわか思ふ人に事のしけけむ
703夏ひきのてひきのいとをくりかへし事しけくともたえむと思ふな
704さと人の事は夏ののしけくともかれ行くきみにあはさらめやは
705かすかすにおもひおもはすとひかたみ身をしる雨はふりそまされる
706おほぬさのひくてあまたになりぬれはおもへとえこそたのまさりけれ
707おほぬさと名にこそたてれなかれてもつひによるせはありてふものを
708すまのあまのしほやく煙風をいたみおもはぬ方にたなひきにけり
709たまかつらはふ木あまたになりぬれはたえぬ心のうれしけもなし
710たかさとに夜かれをしてか郭公たたここにしもねたるこゑする
711いて人は事のみそよき月草のうつし心はいろことにして
712いつはりのなき世なりせはいかはかり人のことのはうれしからまし
713いつはりと思ふものから今さらにたかまことをか我はたのまむ
714秋風に山のこのはのうつろへは人の心もいかかとそ思ふ
715蝉のこゑきけはかなしな夏衣うすくや人のならむと思へは
716空蝉の世の人ことのしけけれはわすれぬもののかれぬへらなり
717あかてこそおもはむなかははなれなめそをたにのちのわすれかたみに
718忘れなむと思ふ心のつくからに有りしよりけにまつそこひしき
719わすれなむ我をうらむな郭公人の秋にはあはむともせす
720たえすゆくあすかの河のよとみなは心あるとや人のおもはむ
721よと河のよとむと人は見るらめと流れてふかき心あるものを
722そこひなきふちやはさわく山河のあさきせにこそあたなみはたて
723紅のはつ花そめの色ふかく思ひし心我わすれめや
724みちのくのしのふもちすりたれゆゑにみたれむと思ふ我ならなくに
725おもふよりいかにせよとか秋風になひくあさちの色ことになる
726千千の色にうつろふらめとしらなくに心し秋のもみちならねは
727あまのすむさとのしるへにあらなくに怨みむとのみ人のいふらむ
728くもり日の影としなれる我なれはめにこそ見えね身をははなれす
729色もなき心を人にそめしよりうつろはむとはおもほえなくに
730めつらしき人を見むとやしかもせぬわかしたひものとけわたるらむ
731かけろふのそれかあらぬか春雨のふる日となれはそてそぬれぬる
732ほり江こくたななしを舟こきかへりおなし人にやこひわたりなむ
733わたつみとあれにしとこを今更にはらははそてやあわとうきなむ
734いにしへに猶立帰る心かなこひしきことに物わすれせて
735思ひいててこひしき時ははつかりのなきてわたると人しるらめや
736たのめこし事のは今はかへしてむわか身ふるれはおきところなし
737今はとてかへす事のはひろひおきておのかものからかたみとや見む
738たまほこの追はつねにもまとはなむ人をとふとも我かとおもはむ
739まてといははねてもゆかなむしひて行くこまのあしをれまへのたなはし
740相坂のゆふつけ鳥にあらはこそ君かゆききをなくなくも見め
741ふるさとにあらぬものからわかために人の心のあれて見ゆらむ
742山かつのかきほにはへるあをつつら人はくれともことつてもなし
743おほそらはこひしき人のかたみかは物思ふことになかめらるらむ
744あふまてのかたみも我はなにせむに見ても心のなくさまなくに
745あふまてのかたみとてこそととめけめ涙に浮ふもくつなりけり
746かたみこそ今はあたなれこれなくはわするる時もあらましものを
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集707番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集707番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集707番について歌番号707詞書返し作者|歌人なりひらの朝臣和歌おほぬさと名にこそたてれなかれてもつひによるせはありてふものを読み仮名ふりがなおほぬさと-なにこそたてれ-な...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集723番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集723番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集723番について歌番号723詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌紅のはつ花そめの色ふかく思ひし心我わすれめや読み仮名ふりがなくれなゐの-はつはなそめの-いろふかく-おもひ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集739番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集739番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集739番について歌番号739詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌まてといははねてもゆかなむしひて行くこまのあしをれまへのたなはし読み仮名ふりがなまてといはは-ねてもゆかな...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集708番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集708番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集708番について歌番号708詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌すまのあまのしほやく煙風をいたみおもはぬ方にたなひきにけり読み仮名ふりがなすまのあまの-しほやくけふり-か...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集724番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集724番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集724番について歌番号724詞書題しらす作者|歌人河原左大臣和歌みちのくのしのふもちすりたれゆゑにみたれむと思ふ我ならなくに読み仮名ふりがなみちのくの-しのふもちすり-たれ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集740番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集740番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集740番について歌番号740詞書中納音源ののほるの朝臣のあふみのすけに侍りける時、よみてやれりける作者|歌人閑院和歌相坂のゆふつけ鳥にあらはこそ君かゆききをなくなくも見め読...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集693番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集693番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集693番について歌番号693詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌君こすはねやへもいらしこ紫わかもとゆひにしもはおくとも読み仮名ふりがなきみこすは-ねやへもいらし-こむらさ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集709番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集709番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集709番について歌番号709詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌たまかつらはふ木あまたになりぬれはたえぬ心のうれしけもなし読み仮名ふりがなたまかつら-はふきあまたに-なり...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集725番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集725番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集725番について歌番号725詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌おもふよりいかにせよとか秋風になひくあさちの色ことになる読み仮名ふりがなおもふより-いかにせよとか-あきか...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集741番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集741番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集741番について歌番号741詞書題しらす作者|歌人伊勢和歌ふるさとにあらぬものからわかために人の心のあれて見ゆらむ読み仮名ふりがなふるさとに-あらぬものから-わかために-ひ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集694番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集694番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集694番について歌番号694詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌宮木ののもとあらのこはきつゆをおもみ風をまつこときみをこそまて読み仮名ふりがなみやきのの-もとあらのこはき...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集710番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集710番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集710番について歌番号710詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌たかさとに夜かれをしてか郭公たたここにしもねたるこゑする読み仮名ふりがなたかさとに-よかれをしてか-ほとと...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集726番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集726番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集726番について歌番号726詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌千千の色にうつろふらめとしらなくに心し秋のもみちならねは読み仮名ふりがなちちのいろに-うつろふらめと-しら...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集742番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集742番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集742番について歌番号742詞書題しらす作者|歌人寵和歌山かつのかきほにはへるあをつつら人はくれともことつてもなし読み仮名ふりがなやまかつの-かきほにはへる-あをつつら-ひ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集695番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集695番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集695番について歌番号695詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あなこひし今も見てしか山かつのかきほにさける山となてしこ読み仮名ふりがなあなこひし-いまもみてしか-やまか...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集711番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集711番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集711番について歌番号711詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いて人は事のみそよき月草のうつし心はいろことにして読み仮名ふりがないてひとは-ことのみそよき-つきくさの-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集727番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集727番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集727番について歌番号727詞書題しらす作者|歌人小野小町和歌あまのすむさとのしるへにあらなくに怨みむとのみ人のいふらむ読み仮名ふりがなあまのすむ-さとのしるへに-あらなく...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集743番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集743番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集743番について歌番号743詞書題しらす作者|歌人さかゐのひとさね和歌おほそらはこひしき人のかたみかは物思ふことになかめらるらむ読み仮名ふりがなおほそらは-こひしきひとの-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集696番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集696番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集696番について歌番号696詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌つのくにのなにはおもはす山しろのとはにあひ見むことをのみこそ読み仮名ふりがなつのくにの-なにはおもはす-や...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集712番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集712番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集712番について歌番号712詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いつはりのなき世なりせはいかはかり人のことのはうれしからまし読み仮名ふりがないつはりの-なきよなりせは-い...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集728番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集728番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集728番について歌番号728詞書題しらす作者|歌人しもつけのをむね和歌くもり日の影としなれる我なれはめにこそ見えね身をははなれす読み仮名ふりがなくもりひの-かけとしなれる-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集744番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集744番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集744番について歌番号744詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌あふまてのかたみも我はなにせむに見ても心のなくさまなくに読み仮名ふりがなあふまての-かたみもわれは-なにせむ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集697番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集697番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集697番について歌番号697詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌しきしまややまとにはあらぬ唐衣ころもへすしてあふよしもかな読み仮名ふりがなしきしまや-やまとにはあらぬ-からこ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集713番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集713番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集713番について歌番号713詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いつはりと思ふものから今さらにたかまことをか我はたのまむ読み仮名ふりがないつはりと-おもふものから-いまさ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集729番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集729番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集729番について歌番号729詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌色もなき心を人にそめしよりうつろはむとはおもほえなくに読み仮名ふりがないろもなき-こころをひとに-そめしより-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集745番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集745番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集745番について歌番号745詞書おやのまもりける人のむすめにいとしのひにあひてものらいひけるあひたに、おやのよふといひけれはいそきかへるとて、もをなむぬきおきていりにける、...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集698番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集698番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集698番について歌番号698詞書題しらす作者|歌人ふかやふ和歌こひしとはたかなつけけむことならむしぬとそたたにいふへかりける読み仮名ふりがなこひしとは-たかなつけけむ-こと...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集714番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集714番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集714番について歌番号714詞書題しらす作者|歌人素性法師和歌秋風に山のこのはのうつろへは人の心もいかかとそ思ふ読み仮名ふりがなあきかせに-やまのこのはの-うつろへは-ひと...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集730番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集730番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集730番について歌番号730詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌めつらしき人を見むとやしかもせぬわかしたひものとけわたるらむ読み仮名ふりがなめつらしき-ひとをみむとや-し...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集746番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集746番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集746番について歌番号746詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌かたみこそ今はあたなれこれなくはわするる時もあらましものを読み仮名ふりがなかたみこそ-いまはあたなれ-これ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集699番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集699番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集699番について歌番号699詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌三吉野のおほかはのへの藤波のなみにおもははわかこひめやは読み仮名ふりがなみよしのの-おほかはのへの-ふちな...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集715番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集715番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集715番について歌番号715詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人とものり和歌蝉のこゑきけはかなしな夏衣うすくや人のならむと思へは読み仮名ふりがなせみのこゑ-きけはか...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集731番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集731番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集731番について歌番号731詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌かけろふのそれかあらぬか春雨のふる日となれはそてそぬれぬる読み仮名ふりがなかけろふの-それかあらぬか-はる...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集700番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集700番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集700番について歌番号700詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌かくこひむ物とは我も思ひにき心のうらそまさしかりける読み仮名ふりがなかくこひむ-ものとはわれも-おもひにき...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集716番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集716番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集716番について歌番号716詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌空蝉の世の人ことのしけけれはわすれぬもののかれぬへらなり読み仮名ふりがなうつせみの-よのひとことの-しけけ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集732番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集732番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集732番について歌番号732詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ほり江こくたななしを舟こきかへりおなし人にやこひわたりなむ読み仮名ふりがなほりえこく-たななしをふね-こき...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集701番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集701番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集701番について歌番号701詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あまのはらふみととろかしなる神も思ふなかをはさくるものかは読み仮名ふりがなあまのはら-ふみととろかし-なる...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集717番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集717番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集717番について歌番号717詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あかてこそおもはむなかははなれなめそをたにのちのわすれかたみに読み仮名ふりがなあかてこそ-おもはむなかは-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集733番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集733番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集733番について歌番号733詞書題しらす作者|歌人伊勢和歌わたつみとあれにしとこを今更にはらははそてやあわとうきなむ読み仮名ふりがなわたつみと-あれにしとこを-いまさらに-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集702番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集702番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集702番について歌番号702詞書題しらすこの歌は、ある人、あめのみかとのあふみのうねめにたまひけるとなむ申す作者|歌人よみ人しらす(一説、あめのみかと)和歌梓弓ひきののつつ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集718番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集718番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集718番について歌番号718詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌忘れなむと思ふ心のつくからに有りしよりけにまつそこひしき読み仮名ふりがなわすれなむと-おもふこころの-つく...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集734番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集734番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集734番について歌番号734詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌いにしへに猶立帰る心かなこひしきことに物わすれせて読み仮名ふりがないにしへに-なほたちかへる-こころかな-こひ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集703番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集703番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集703番について歌番号703詞書題しらすこの歌は、返しによみてたてまつりけるとなむ作者|歌人よみ人しらす(一説、あふみのうねめ)和歌夏ひきのてひきのいとをくりかへし事しけく...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集719番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集719番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集719番について歌番号719詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わすれなむ我をうらむな郭公人の秋にはあはむともせす読み仮名ふりがなわすれなむ-われをうらむな-ほとときす-...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集735番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集735番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集735番について歌番号735詞書人をしのひにあひしりてあひかたくありけれは、その家のあたりをまかりありきけるをりに、かりのなくをききてよみてつかはしける作者|歌人大伴くろぬ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集704番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集704番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集704番について歌番号704詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌さと人の事は夏ののしけくともかれ行くきみにあはさらめやは読み仮名ふりがなさとひとの-ことはなつのの-しけく...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集720番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集720番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集720番について歌番号720詞書題しらすこの歌、ある人のいはく、なかとみのあつま人かうたなり作者|歌人よみ人しらす(一説、なかとみのあつま人)和歌たえすゆくあすかの河のよと...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集736番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集736番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集736番について歌番号736詞書右のおほいまうちきみすますなりにけれは、かのむかしおこせたりけるふみともをとりあつめて返すとてよみておくりける作者|歌人典侍藤原よるかの朝臣...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集705番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集705番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集705番について歌番号705詞書藤原敏行朝臣のなりひらの朝臣の家なりける女をあひしりてふみつかはせりけることはに、いままうてく、あめのふりけるをなむ見わつらひ侍るといへりけ...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集721番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集721番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集721番について歌番号721詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌よと河のよとむと人は見るらめと流れてふかき心あるものを読み仮名ふりがなよとかはの-よとむとひとは-みるらめ...
タイトルとURLをコピーしました