古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集の巻十八巻「雑下」の和歌一覧まとめ。

巻十八巻|雑下

933世中はなにかつねなるあすかかはきのふのふちそけふはせになる
934いく世しもあらしわか身をなそもかくあまのかるもに思ひみたるる
935雁のくる峰の朝霧はれすのみ思ひつきせぬ世中のうさ
936しかりとてそむかれなくに事しあれはまつなけかれぬあなう世中
937宮こ人いかかととはは山たかみはれぬくもゐにわふとこたへよ
938わひぬれは身をうき草のねをたえてさそふ水あらはいなむとそ思ふ
939あはれてふ事こそうたて世中を思ひはなれぬほたしなりけれ
940あはれてふ事のはことにおくつゆは昔をこふる涙なりけり
941世中のうきもつらきもつけなくにまつしる物はなみたなりけり
942世中は夢かうつつかうつつとも夢ともしらす有りてなけれは
943よのなかにいつらわか身のありてなしあはれとやいはむあなうとやいはむ
944山里は物の惨慄き事こそあれ世のうきよりはすみよかりけり
945白雲のたえすたなひく岑にたにすめはすみぬる世にこそ有りけれ
946しりにけむききてもいとへ世中は浪のさわきに風そしくめる
947いつこにか世をはいとはむ心こそのにも山にもまとふへらなれ
948世中は昔よりやはうかりけむわか身ひとつのためになれるか
949世中をいとふ山への草木とやあなうの花の色にいてにけむ
950みよしのの山のあなたにやともかな世のうき時のかくれかにせむ
951世にふれはうさこそまされみよしののいはのかけみちふみならしてむ
952いかならむ巌の中にすまはかは世のうき事のきこえこさらむ
953葦引の山のまにまにかくれなむうき世中はあるかひもなし
954世中のうけくにあきぬ奥山のこのはにふれる雪やけなまし
955よのうきめ見えぬ山ちへいらむにはおもふ人こそほたしなりけれ
956世をすてて山にいる人山にても猶うき時はいつちゆくらむ
957今更になにおひいつらむ竹のこのうきふししけき世とはしらすや
958世にふれは事のはしけきくれ竹のうきふしことに鶯そなく
959木にもあらす草にもあらぬ竹のよのはしにわか身はなりぬへらなり
960わか身からうき世中となつけつつ人のためさへかなしかるらむ
961思ひきやひなのわかれにおとろへてあまのなはたきいさりせむとは
962わくらはにとふ人あらはすまの浦にもしほたれつつわふとこたへよ
963あまひこのおとつれしとそ今は思ふ我か人かと身をたとるよに
964うき世にはかとさせりとも見えなくになとかわか身のいてかてにする
965有りはてぬいのちまつまのほとはかりうきことしけくおもはすもかな
966つくはねのこの本ことに立ちそよる春のみ山のかけをこひつつ
967ひかりなき谷には春もよそなれはさきてとくちる物思ひもなし
968久方の中におひたるさとなれはひかりをのみそたのむへらなる
969今そしるくるしき物と人またむさとをはかれすとふへかりけり
970わすれては夢かとそ思ふおもひきや雪ふみわけて君を見むとは
971年をへてすみこしさとをいてていなはいとと深草のとやなりなむ
972野とならはうつらとなきて年はへむかりにたにやは君かこさらむ
973我を君なにはの浦に有りしかはうきめをみつのあまとなりにき
974なにはかたうらむへきまもおもほえすいつこをみつのあまとかはなる
975今更にとふへき人もおもほえすやへむくらしてかとさせりてへ
976水のおもにおふるさ月のうき草のうき事あれやねをたえてこぬ
977身をすててゆきやしにけむ思ふより外なる物は心なりけり
978君か思ひ雪とつもらはたのまれす春よりのちはあらしとおもへは
979君をのみ思ひこしちのしら山はいつかは雪のきゆる時ある
980思ひやるこしの白山しらねともひと夜も夢にこえぬよそなき
981いさここにわか世はへなむ菅原や伏見の里のあれまくもをし
982わかいほはみわの山もとこひしくはとふらひきませすきたてるかと
983わかいほは宮このたつみしかそすむ世をうち山と人はいふなり
984あれにけりあはれいくよのやとなれやすみけむ人のおとつれもせぬ
985わひひとのすむへきやとと見るなへに歎きくははることのねそする
986人ふるすさとをいとひてこしかともならの宮こもうきななりけり
987世中はいつれかさしてわかならむ行きとまるをそやととさたむる
988相坂の嵐のかせはさむけれとゆくへしらねはわひつつそぬる
989風のうへにありかさためぬちりの身はゆくへもしらすなりぬへらなり
990あすかかはふちにもあらぬわかやともせにかはりゆく物にそ有りける
991ふるさとは見しこともあらすをののえのくちし所そこひしかりける
992あかさりし袖のなかにやいりにけむわかたましひのなき心ちする
993なよ竹のよなかきうへにはつしものおきゐて物を思ふころかな
994風ふけはおきつ白浪たつた山よはにや君かひとりこゆらむ
995たかみそきゆふつけ鳥か唐衣たつたの山にをりはへてなく
996わすられむ時しのへとそ浜千鳥ゆくへもしらぬあとをととむる
997神な月時雨ふりおけるならのはのなにおふ宮のふることそこれ
998あしたつのひとりおくれてなくこゑは雲のうへまてきこえつかなむ
999ひとしれす思ふ心は春霞たちいててきみかめにも見えなむ
1000山河のおとにのみきくももしきを身をはやなから見るよしもかな
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集995番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集995番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集995番について歌番号995詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌たかみそきゆふつけ鳥か唐衣たつたの山にをりはへてなく読み仮名ふりがなたかみそき-ゆふつけとりか-からころも...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集996番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集996番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集996番について歌番号996詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わすられむ時しのへとそ浜千鳥ゆくへもしらぬあとをととむる読み仮名ふりがなわすられむ-ときしのへとそ-はまち...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集997番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集997番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集997番について歌番号997詞書貞観御時、万葉集はいつはかりつくれるそととはせ給ひけれはよみてたてまつりける作者|歌人文屋ありすゑ和歌神な月時雨ふりおけるならのはのなにおふ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集982番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集982番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集982番について歌番号982詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌わかいほはみわの山もとこひしくはとふらひきませすきたてるかと読み仮名ふりがなわかいほは-みわのやまもと-こ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集998番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集998番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集998番について歌番号998詞書寛平御時歌たてまつりけるついてにたてまつりける作者|歌人大江千里和歌あしたつのひとりおくれてなくこゑは雲のうへまてきこえつかなむ読み仮名ふり...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集983番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集983番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集983番について歌番号983詞書題しらす作者|歌人きせんほうし和歌わかいほは宮このたつみしかそすむ世をうち山と人はいふなり読み仮名ふりがなわかいほは-みやこのたつみ-しかそ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集999番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集999番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集999番について歌番号999詞書寛平御時歌たてまつりけるついてにたてまつりける作者|歌人ふちはらのかちおむ和歌ひとしれす思ふ心は春霞たちいててきみかめにも見えなむ読み仮名ふ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集984番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集984番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集984番について歌番号984詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あれにけりあはれいくよのやとなれやすみけむ人のおとつれもせぬ読み仮名ふりがなあれにけり-あはれいくよの-や...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集1000番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1000番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集1000番について歌番号1000詞書歌めしける時にたてまつるとてよみて、おくにかきつけてたてまつりける作者|歌人伊勢和歌山河のおとにのみきくももしきを身をはやなから見るよ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集985番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集985番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集985番について歌番号985詞書ならへまかりける時に、あれたる家に女の琴ひきけるをききてよみていれたりける作者|歌人よしみねのむねさた和歌わひひとのすむへきやとと見るなへに...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集986番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集986番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集986番について歌番号986詞書はつせにまうつる道にならの京にやとれりける時よめる作者|歌人二条和歌人ふるすさとをいとひてこしかともならの宮こもうきななりけり読み仮名ふりが...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集987番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集987番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集987番について歌番号987詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世中はいつれかさしてわかならむ行きとまるをそやととさたむる読み仮名ふりがなよのなかは-いつれかさして-わか...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集988番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集988番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集988番について歌番号988詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌相坂の嵐のかせはさむけれとゆくへしらねはわひつつそぬる読み仮名ふりがなあふさかの-あらしのかせは-さむけれ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集989番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集989番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集989番について歌番号989詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌風のうへにありかさためぬちりの身はゆくへもしらすなりぬへらなり読み仮名ふりがなかせのうへに-ありかさためぬ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集990番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集990番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集990番について歌番号990詞書家をうりてよめる作者|歌人伊勢和歌あすかかはふちにもあらぬわかやともせにかはりゆく物にそ有りける読み仮名ふりがなあすかかは-ふちにもあらぬ-...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集991番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集991番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集991番について歌番号991詞書つくしに侍りける時にまかりかよひつつこうちける人のもとに、京にかへりまうてきてつかはしける作者|歌人きのとものり和歌ふるさとは見しこともあら...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集992番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集992番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集992番について歌番号992詞書女ともたちと物かたりして、わかれてのちにつかはしける作者|歌人みちのく和歌あかさりし袖のなかにやいりにけむわかたましひのなき心ちする読み仮名...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集993番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集993番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集993番について歌番号993詞書寛平御時にもろこしのはう官にめされて侍りける時に、東宮のさふらひにてをのこともさけたうへけるついてによみ侍りける作者|歌人ふちはらのたたふさ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集994番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集994番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集994番について歌番号994詞書題しらすある人、この歌は、むかしやまとのくになりける人のむすめにある人すみわたりけり、この女おやもなくなりて家もわるくなりゆくあひたに、この...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集947番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集947番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集947番について歌番号947詞書題しらす作者|歌人そせい和歌いつこにか世をはいとはむ心こそのにも山にもまとふへらなれ読み仮名ふりがないつこにか-よをはいとはむ-こころこそ-...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集963番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集963番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集963番について歌番号963詞書左近将監とけて侍りける時に、女のとふらひにおこせたりける返事によみてつかはしける作者|歌人をののはるかせ和歌あまひこのおとつれしとそ今は思ふ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集979番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集979番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集979番について歌番号979詞書返し作者|歌人宗岳大頼和歌君をのみ思ひこしちのしら山はいつかは雪のきゆる時ある読み仮名ふりがなきみをのみ-おもひこしちの-しらやまは-いつか...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集948番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集948番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集948番について歌番号948詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世中は昔よりやはうかりけむわか身ひとつのためになれるか読み仮名ふりがなよのなかは-むかしよりやは-うかりけ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集964番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集964番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集964番について歌番号964詞書つかさとけて侍りける時よめる作者|歌人平さたふん和歌うき世にはかとさせりとも見えなくになとかわか身のいてかてにする読み仮名ふりがなうきよには...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集980番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集980番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集980番について歌番号980詞書こしなりける人につかはしける作者|歌人きのつらゆき和歌思ひやるこしの白山しらねともひと夜も夢にこえぬよそなき読み仮名ふりがなおもひやる-こし...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集933番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集933番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集933番について歌番号933詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌世中はなにかつねなるあすかかはきのふのふちそけふはせになる読み仮名ふりがなよのなかは-なにかつねなる-あすか...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集949番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集949番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集949番について歌番号949詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世中をいとふ山への草木とやあなうの花の色にいてにけむ読み仮名ふりがなよのなかを-いとふやまへの-くさきとや...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集965番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集965番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集965番について歌番号965詞書つかさとけて侍りける時よめる作者|歌人平さたふん和歌有りはてぬいのちまつまのほとはかりうきことしけくおもはすもかな読み仮名ふりがなありはてぬ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集981番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集981番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集981番について歌番号981詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いさここにわか世はへなむ菅原や伏見の里のあれまくもをし読み仮名ふりがないさここに-わかよはへなむ-すかはら...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集934番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集934番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集934番について歌番号934詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌いく世しもあらしわか身をなそもかくあまのかるもに思ひみたるる読み仮名ふりがないくよしも-あらしわかみを-なそ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集950番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集950番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集950番について歌番号950詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌みよしのの山のあなたにやともかな世のうき時のかくれかにせむ読み仮名ふりがなみよしのの-やまのあなたに-やと...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集966番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集966番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集966番について歌番号966詞書みこの宮のたちはきに侍りけるを、宮つかへつかうまつらすとてとけて侍りける時によめる作者|歌人みやちのきよき和歌つくはねのこの本ことに立ちそよ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集935番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集935番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集935番について歌番号935詞書題しらす作者|歌人読人しらす和歌雁のくる峰の朝霧はれすのみ思ひつきせぬ世中のうさ読み仮名ふりがなかりのくる-みねのあさきり-はれすのみ-おも...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集951番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集951番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集951番について歌番号951詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世にふれはうさこそまされみよしののいはのかけみちふみならしてむ読み仮名ふりがなよにふれは-うさこそまされ-...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集967番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集967番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集967番について歌番号967詞書時なりける人のにはかに時なくなりてなけくを見て、みつからのなけきもなくよろこひもなきことを思ひてよめる作者|歌人清原深事父和歌ひかりなき谷に...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集936番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集936番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集936番について歌番号936詞書題しらす作者|歌人小野たかむらの朝臣和歌しかりとてそむかれなくに事しあれはまつなけかれぬあなう世中読み仮名ふりがなしかりとて-そむかれなくに...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集952番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集952番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集952番について歌番号952詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌いかならむ巌の中にすまはかは世のうき事のきこえこさらむ読み仮名ふりがないかならむ-いはほのうちに-すまはか...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集968番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集968番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集968番について歌番号968詞書かつらに侍りける時に、七条の中宮のとはせ給へりける御返事にたてまつれりける作者|歌人伊勢和歌久方の中におひたるさとなれはひかりをのみそたのむ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集937番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集937番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集937番について歌番号937詞書かひのかみに侍りける時、京へまかりのほりける人につかはしける作者|歌人をののさたき和歌宮こ人いかかととはは山たかみはれぬくもゐにわふとこたへ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集953番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集953番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集953番について歌番号953詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌葦引の山のまにまにかくれなむうき世中はあるかひもなし読み仮名ふりがなあしひきの-やまのまにまに-かくれなむ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集969番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集969番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集969番について歌番号969詞書紀のとしさたか阿波のすけにまかりける時に、むまのはなむけせむとてけふといひおくれりける時に、ここかしこにまかりありきて夜ふくるまて見えさりけ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集938番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集938番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集938番について歌番号938詞書文屋のやすひて、みかはのそうになりて、あかた見にはえいてたたしやといひやれりける返事によめる作者|歌人小野小町和歌わひぬれは身をうき草のねを...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集954番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集954番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集954番について歌番号954詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌世中のうけくにあきぬ奥山のこのはにふれる雪やけなまし読み仮名ふりがなよのなかの-うけくにあきぬ-おくやまの...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集970番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集970番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集970番について歌番号970詞書惟喬のみこのもとにまかりかよひけるを、かしらおろしてをのといふ所に侍りけるに、正月にとふらはむとてまかりたりけるに、ひえの山のふもとなりけれ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集939番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集939番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集939番について歌番号939詞書題しらす作者|歌人小野小町和歌あはれてふ事こそうたて世中を思ひはなれぬほたしなりけれ読み仮名ふりがなあはれてふ-ことこそうたて-よのなかを-...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集955番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集955番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集955番について歌番号955詞書おなしもしなきうた作者|歌人もののへのよしな和歌よのうきめ見えぬ山ちへいらむにはおもふ人こそほたしなりけれ読み仮名ふりがなよのうきめ-みえぬ...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集971番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集971番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集971番について歌番号971詞書深草のさとにすみ侍りて、京へまうてくとてそこなりける人によみておくりける作者|歌人なりひらの朝臣和歌年をへてすみこしさとをいてていなはいとと...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集940番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集940番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集940番について歌番号940詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌あはれてふ事のはことにおくつゆは昔をこふる涙なりけり読み仮名ふりがなあはれてふ-ことのはことに-おくつゆは...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集956番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集956番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集956番について歌番号956詞書山のほうしのもとへつかはしける作者|歌人凡河内みつね和歌世をすてて山にいる人山にても猶うき時はいつちゆくらむ読み仮名ふりがなよをすてて-やま...
古今和歌集|巻十八巻|雑下

古今和歌集972番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集972番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集972番について歌番号972詞書返し作者|歌人よみ人しらす和歌野とならはうつらとなきて年はへむかりにたにやは君かこさらむ読み仮名ふりがなのとならは-うつらとなきて-としはへ...
タイトルとURLをコピーしました