古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集の巻十二巻「恋二」の和歌一覧まとめ。

巻十二巻|恋二

552思ひつつぬれはや人の見えつらむ夢としりせはさめさらましを
553うたたねに恋しきひとを見てしより夢てふ物は思みそめてき
554いとせめてこひしき時はむは玉のよるの衣を返してそきる
555秋風の身にさむけれはつれもなき人をそたのむくるる夜ことに
556つつめとも袖にたまらぬ白玉は人を見ぬめの涙なりけり
557おろかなる涙そそてに玉はなす我はせきあへすたきつせなれは
558恋ひわひて打ちぬる中に行きかよふ夢のたたちはうつつならなむ
559住の江の岸による浪よるさへやゆめのかよひち人めよくらむ
560わかこひはみ山かくれの草なれやしけさまされとしる人のなき
561よひのまもはかなく見ゆる夏虫に迷ひまされるこひもするかな
562ゆふされは蛍よりけにもゆれともひかり見ねはや人のつれなき
563ささのはにおく霜よりもひとりぬるわか衣手そさえまさりける
564わかやとの菊のかきねにおくしものきえかへりてそこひしかりける
565河のせになひくたまものみかくれて人にしられぬこひもするかな
566かきくらしふる白雪のしたきえにきえて物思ふころにもあるかな
567君こふる涙のとこにみちぬれはみをつくしとそ我はなりぬる
568しぬるいのちいきもやすると心みに玉のをはかりあはむといはなむ
569わひぬれはしひてわすれむと思へとも夢といふ物そ人たのめなる
570わりなくもねてもさめてもこひしきか心をいつちやらはわすれむ
571恋しきにわひてたましひ迷ひなはむなしきからのなにやのこらむ
572君こふる涙しなくは唐衣むねのあたりは色もえなまし
573世とともに流れてそ行く涙河冬もこほらぬみなわなりけり
574夢ちにもつゆやおくらむよもすからかよへる袖のひちてかわかぬ
575はかなくて夢にも人を見つる夜は朝のとこそおきうかりける
576いつはりの涙なりせは唐衣しのひに袖はしほらさらまし
577ねになきてひちにしかとも春さめにぬれにし袖ととははこたへむ
578わかことく物やかなしき郭公時そともなくよたたなくらむ
579さ月山こすゑをたかみ郭公なくねそらなるこひもするかな
580秋きりのはるる時なき心にはたちゐのそらもおもほえなくに
581虫のこと声にたててはなかねとも涙のみこそしたになかるれ
582秋なれは山とよむまてなくしかに我おとらめやひとりぬるよは
583秋ののにみたれてさける花の色のちくさに物を思ふころかな
584ひとりして物をおもへは秋のよのいなはのそよといふ人のなき
585人を思ふ心はかりにあらねともくもゐにのみもなきわたるかな
586秋風にかきなすことのこゑにさへはかなく人のこひしかるらむ
587まこもかるよとのさは水雨ふれはつねよりことにまさるわかこひ
588こえぬまはよしのの山のさくら花人つてにのみききわたるかな
589露ならぬ心を花におきそめて風吹くことに物思ひそつく
590わかこひにくらふの山のさくら花まなくちるともかすはまさらし
591冬河のうへはこほれる我なれやしたになかれてこひわたるらむ
592たきつせにねさしととめぬうき草のうきたるこひも我はするかな
593よひよひにぬきてわかぬるかり衣かけておもはぬ時のまもなし
594あつまちのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ
595しきたへの枕のしたに海はあれと人を見るめはおひすそ有りける
596年をへてきえぬおもひは有りなからよるのたもとは猶こほりけり
597わかこひはしらぬ山ちにあらなくに迷ふ心そわひしかりける
598紅のふりいてつつなく涙にはたもとのみこそ色まさりけれ
599白玉と見えし涙も年ふれはから紅にうつろひにけり
600夏虫をなにかいひけむ心から我も思ひにもえぬへらなり
601風ふけは峰にわかるる白雲のたえてつれなき君か心か
602月影にわか身をかふる物ならはつれなき人もあはれとや見む
603こひしなはたか名はたたし世中のつねなき物といひはなすとも
604つのくにのなにはのあしのめもはるにしけきわかこひ人しるらめや
605手もふれて月日へにけるしらま弓おきふしよるはいこそねられね
606人しれぬ思ひのみこそわひしけれわか歎をは我のみそしる
607事にいてていはぬはかりそみなせ河したにかよひてこひしきものを
608君をのみ思ひねにねし夢なれはわか心から見つるなりけり
609いのちにもまさりてをしくある物は見はてぬゆめのさむるなりけり
610梓弓ひけは本末わか方によるこそまされこひの心は
611わかこひはゆくへもしらすはてもなし逢ふを限と思ふはかりそ
612我のみそかなしかりけるひこほしもあはてすくせる年しなけれは
613今ははやこひしなましをあひ見むとたのめし夢そいのちなりける
614たのめつつあはて年ふるいつはりにこりぬ心を人はしらなむ
615いのちやはなにそはつゆのあた物をあふにしかへはをしからなくに
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集582番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集582番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集582番について歌番号582詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌秋なれは山とよむまてなくしかに我おとらめやひとりぬるよは読み仮名ふりがなあきなれは-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集598番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集598番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集598番について歌番号598詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌紅のふりいてつつなく涙にはたもとのみこそ色まさりけれ読み仮名ふりがなくれなゐの-ふりいてつつなく-なみたには-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集614番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集614番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集614番について歌番号614詞書題しらす作者|歌人みつね和歌たのめつつあはて年ふるいつはりにこりぬ心を人はしらなむ読み仮名ふりがなたのめつつ-あはてとしふる-いつはりに-こ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集583番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集583番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集583番について歌番号583詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌秋ののにみたれてさける花の色のちくさに物を思ふころかな読み仮名ふりがなあきののに-みたれてさける-はなのいろの...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集599番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集599番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集599番について歌番号599詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌白玉と見えし涙も年ふれはから紅にうつろひにけり読み仮名ふりがなしらたまと-みえしなみたも-としふれは-からくれ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集615番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集615番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集615番について歌番号615詞書題しらす作者|歌人とものり和歌いのちやはなにそはつゆのあた物をあふにしかへはをしからなくに読み仮名ふりがないのちやは-なにそはつゆの-あたも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集584番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集584番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集584番について歌番号584詞書題しらす作者|歌人みつね和歌ひとりして物をおもへは秋のよのいなはのそよといふ人のなき読み仮名ふりがなひとりして-ものをおもへは-あきのよの-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集600番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集600番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集600番について歌番号600詞書題しらす作者|歌人みつね和歌夏虫をなにかいひけむ心から我も思ひにもえぬへらなり読み仮名ふりがななつむしを-なにかいひけむ-こころから-われも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集569番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集569番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集569番について歌番号569詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人藤原おきかせ和歌わひぬれはしひてわすれむと思へとも夢といふ物そ人たのめなる読み仮名ふりがなわひぬれは...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集585番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集585番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集585番について歌番号585詞書題しらす作者|歌人ふかやふ和歌人を思ふ心はかりにあらねともくもゐにのみもなきわたるかな読み仮名ふりがなひとをおもふ-こころはかりに-あらねと...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集601番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集601番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集601番について歌番号601詞書題しらす作者|歌人たたみね和歌風ふけは峰にわかるる白雲のたえてつれなき君か心か読み仮名ふりがなかせふけは-みねにわかるる-しらくもの-たえて...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集570番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集570番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集570番について歌番号570詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌わりなくもねてもさめてもこひしきか心をいつちやらはわすれむ読み仮名ふりがなわりなくも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集586番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集586番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集586番について歌番号586詞書題しらす作者|歌人たたみね和歌秋風にかきなすことのこゑにさへはかなく人のこひしかるらむ読み仮名ふりがなあきかせに-かきなすことの-こゑにさへ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集602番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集602番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集602番について歌番号602詞書題しらす作者|歌人たたみね和歌月影にわか身をかふる物ならはつれなき人もあはれとや見む読み仮名ふりがなつきかけに-わかみをかふる-ものならは-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集571番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集571番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集571番について歌番号571詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌恋しきにわひてたましひ迷ひなはむなしきからのなにやのこらむ読み仮名ふりがなこひしきに...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集587番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集587番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集587番について歌番号587詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌まこもかるよとのさは水雨ふれはつねよりことにまさるわかこひ読み仮名ふりがなまこもかる-よとのさはみつ-あめふれ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集603番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集603番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集603番について歌番号603詞書題しらす作者|歌人ふかやふ和歌こひしなはたか名はたたし世中のつねなき物といひはなすとも読み仮名ふりがなこひしなは-たかなはたたし-よのなかの...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集572番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集572番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集572番について歌番号572詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人紀つらゆき和歌君こふる涙しなくは唐衣むねのあたりは色もえなまし読み仮名ふりがなきみこふる-なみたしな...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集588番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集588番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集588番について歌番号588詞書やまとに侍りける人につかはしける作者|歌人つらゆき和歌こえぬまはよしのの山のさくら花人つてにのみききわたるかな読み仮名ふりがなこえぬまは-よ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集604番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集604番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集604番について歌番号604詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌つのくにのなにはのあしのめもはるにしけきわかこひ人しるらめや読み仮名ふりがなつのくにの-なにはのあしの-めもは...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集573番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集573番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集573番について歌番号573詞書題しらす作者|歌人紀つらゆき和歌世とともに流れてそ行く涙河冬もこほらぬみなわなりけり読み仮名ふりがなよとともに-なかれてそゆく-なみたかは-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集589番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集589番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集589番について歌番号589詞書やよひはかりに物のたうひける人のもとに又人まかりつつせうそこすとききてつかはしける作者|歌人つらゆき和歌露ならぬ心を花におきそめて風吹くこと...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集605番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集605番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集605番について歌番号605詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌手もふれて月日へにけるしらま弓おきふしよるはいこそねられね読み仮名ふりがなてもふれて-つきひへにける-しらまゆ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集574番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集574番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集574番について歌番号574詞書題しらす作者|歌人紀つらゆき和歌夢ちにもつゆやおくらむよもすからかよへる袖のひちてかわかぬ読み仮名ふりがなゆめちにも-つゆやおくらむ-よもす...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集590番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集590番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集590番について歌番号590詞書題しらす作者|歌人坂上これのり和歌わかこひにくらふの山のさくら花まなくちるともかすはまさらし読み仮名ふりがなわかこひに-くらふのやまの-さく...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集606番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集606番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集606番について歌番号606詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌人しれぬ思ひのみこそわひしけれわか歎をは我のみそしる読み仮名ふりがなひとしれぬ-おもひのみこそ-わひしけれ-わ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集575番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集575番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集575番について歌番号575詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌はかなくて夢にも人を見つる夜は朝のとこそおきうかりける読み仮名ふりがなはかなくて-ゆめにもひとを-みつるよは...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集591番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集591番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集591番について歌番号591詞書題しらす作者|歌人むねをかのおほより和歌冬河のうへはこほれる我なれやしたになかれてこひわたるらむ読み仮名ふりがなふゆかはの-うへはこほれる-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集607番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集607番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集607番について歌番号607詞書題しらす作者|歌人とものり和歌事にいてていはぬはかりそみなせ河したにかよひてこひしきものを読み仮名ふりがなことにいてて-いはぬはかりそ-みな...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集576番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集576番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集576番について歌番号576詞書題しらす作者|歌人藤原たたふさ和歌いつはりの涙なりせは唐衣しのひに袖はしほらさらまし読み仮名ふりがないつはりの-なみたなりせは-からころも-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集592番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集592番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集592番について歌番号592詞書題しらす作者|歌人たたみね和歌たきつせにねさしととめぬうき草のうきたるこひも我はするかな読み仮名ふりがなたきつせに-ねさしととめぬ-うきくさ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集608番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集608番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集608番について歌番号608詞書題しらす作者|歌人みつね和歌君をのみ思ひねにねし夢なれはわか心から見つるなりけり読み仮名ふりがなきみをのみ-おもひねにねし-ゆめなれは-わか...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集577番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集577番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集577番について歌番号577詞書題しらす作者|歌人大江千里和歌ねになきてひちにしかとも春さめにぬれにし袖ととははこたへむ読み仮名ふりがなねになきて-ひちにしかとも-はるさめ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集593番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集593番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集593番について歌番号593詞書題しらす作者|歌人とものり和歌よひよひにぬきてわかぬるかり衣かけておもはぬ時のまもなし読み仮名ふりがなよひよひに-ぬきてわかぬる-かりころも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集609番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集609番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集609番について歌番号609詞書題しらす作者|歌人たたみね和歌いのちにもまさりてをしくある物は見はてぬゆめのさむるなりけり読み仮名ふりがないのちにも-まさりてをしく-あるも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集578番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集578番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集578番について歌番号578詞書題しらす作者|歌人としゆきの朝臣和歌わかことく物やかなしき郭公時そともなくよたたなくらむ読み仮名ふりがなわかことく-ものやかなしき-ほととき...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集594番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集594番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集594番について歌番号594詞書題しらす作者|歌人とものり和歌あつまちのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ読み仮名ふりがなあつまちの-さやのなかやま-なかなかに-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集610番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集610番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集610番について歌番号610詞書題しらす作者|歌人はるみちのつらき和歌梓弓ひけは本末わか方によるこそまされこひの心は読み仮名ふりがなあつさゆみ-ひけはもとすゑ-わかかたに-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集579番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集579番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集579番について歌番号579詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌さ月山こすゑをたかみ郭公なくねそらなるこひもするかな読み仮名ふりがなさつきやま-こすゑをたかみ-ほとときす-な...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集595番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集595番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集595番について歌番号595詞書題しらす作者|歌人とものり和歌しきたへの枕のしたに海はあれと人を見るめはおひすそ有りける読み仮名ふりがなしきたへの-まくらのしたに-うみはあ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集611番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集611番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集611番について歌番号611詞書題しらす作者|歌人みつね和歌わかこひはゆくへもしらすはてもなし逢ふを限と思ふはかりそ読み仮名ふりがなわかこひは-ゆくへもしらす-はてもなし-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集580番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集580番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集580番について歌番号580詞書題しらす作者|歌人凡河内みつね和歌秋きりのはるる時なき心にはたちゐのそらもおもほえなくに読み仮名ふりがなあききりの-はるるときなき-こころに...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集596番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集596番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集596番について歌番号596詞書題しらす作者|歌人とものり和歌年をへてきえぬおもひは有りなからよるのたもとは猶こほりけり読み仮名ふりがなとしをへて-きえぬおもひは-ありなか...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集612番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集612番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集612番について歌番号612詞書題しらす作者|歌人みつね和歌我のみそかなしかりけるひこほしもあはてすくせる年しなけれは読み仮名ふりがなわれのみそ-かなしかりける-ひこほしも...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集581番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集581番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集581番について歌番号581詞書題しらす作者|歌人清原ふかやふ和歌虫のこと声にたててはなかねとも涙のみこそしたになかるれ読み仮名ふりがなむしのこと-こゑにたてては-なかねと...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集597番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集597番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集597番について歌番号597詞書題しらす作者|歌人つらゆき和歌わかこひはしらぬ山ちにあらなくに迷ふ心そわひしかりける読み仮名ふりがなわかこひは-しらぬやまちに-あらなくに-...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集613番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集613番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集613番について歌番号613詞書題しらす作者|歌人ふかやふ和歌今ははやこひしなましをあひ見むとたのめし夢そいのちなりける読み仮名ふりがないまははや-こひしなましを-あひみむ...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集566番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集566番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集566番について歌番号566詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人みふのたたみね和歌かきくらしふる白雪のしたきえにきえて物思ふころにもあるかな読み仮名ふりがなかきくら...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集567番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集567番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集567番について歌番号567詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人藤原おきかせ和歌君こふる涙のとこにみちぬれはみをつくしとそ我はなりぬる読み仮名ふりがなきみこふる-な...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集552番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集552番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集552番について歌番号552詞書題しらす作者|歌人小野小町和歌思ひつつぬれはや人の見えつらむ夢としりせはさめさらましを読み仮名ふりがなおもひつつ-ぬれはやひとの-みえつらむ...
タイトルとURLをコピーしました