古今和歌集170番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集170番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集170番について

歌番号170
詞書秋たつ日、うへのをのこともかものかはらにかはせうえうしけるともにまかりてよめる
作者|歌人つらゆき
和歌河風のすすしくもあるかうちよする浪とともにや秋は立つらむ
読み仮名
ふりがな
かはかせの-すすしくもあるか-うちよする-なみとともにや-あきはたつらむ
分割かはかせの
すすしくもあるか
うちよする
なみとともにや
あきはたつらむ
ローマ字読み
大文字
KAHAKASENO-SUSUSHIKUMOARUKA-UCHIYOSURU-NAMITOTOMONIYA-AKIHATATSURAMU
ローマ字読み
小文字
kahakaseno-susushikumoaruka-uchiyosuru-namitotomoniya-akihatatsuramu
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました