古今和歌集215番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集215番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集215番について

歌番号215
詞書これさたのみこの家の歌合のうた
作者|歌人よみ人しらす
和歌おく山に紅棄ふみわけなく鹿のこゑきく時そ秋は悲しき
読み仮名
ふりがな
おくやまに-もみちふみわけ-なくしかの-こゑきくときそ-あきはかなしき
分割おくやまに
もみちふみわけ
なくしかの
こゑきくときそ
あきはかなしき
ローマ字読み
大文字
OKUYAMANI-MOMICHIFUMIWAKE-NAKUSHIKANO-KOEKIKUTOKISO-AKIHAKANASHIKI
ローマ字読み
小文字
okuyamani-momichifumiwake-nakushikano-koekikutokiso-akihakanashiki
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました