古今和歌集219番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集219番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集219番について

歌番号219
詞書むかしあひしりて侍りける人の、秋ののにあひて物かたりしけるついてによめる
作者|歌人みつね
和歌秋はきのふるえにさける花見れは本の心はわすれさりけり
読み仮名
ふりがな
あきはきの-ふるえにさける-はなみれは-もとのこころは-わすれさりけり
分割あきはきの
ふるえにさける
はなみれは
もとのこころは
わすれさりけり
ローマ字読み
大文字
AKIHAKINO-FURUENISAKERU-HANAMIREHA-MOTONOKOKOROHA-WASURESARIKERI
ローマ字読み
小文字
akihakino-furuenisakeru-hanamireha-motonokokoroha-wasuresarikeri
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました