古今和歌集222番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集222番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集222番について

歌番号222
詞書題しらす
ある人のいはく、この歌はならのみかとの御歌なりと
作者|歌人よみ人しらす(一説、ならのみかと)
和歌萩の露玉にぬかむととれはけぬよし見む人は枝なから見よ
読み仮名
ふりがな
はきのつゆ-たまにぬかむと-とれはけぬ-よしみむひとは-えたなからみよ
分割はきのつゆ
たまにぬかむと
とれはけぬ
よしみむひとは
えたなからみよ
ローマ字読み
大文字
HAKINOTSUYU-TAMANINUKAMUTO-TOREHAKENU-YOSHIMIMUHITOHA-ETANAKARAMIYO
ローマ字読み
小文字
hakinotsuyu-tamaninukamuto-torehakenu-yoshimimuhitoha-etanakaramiyo
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました