古今和歌集296番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集296番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集296番について

歌番号296
詞書これさたのみこの家の歌合のうた
作者|歌人たたみね
和歌神なひのみむろの山を秋ゆけは錦たちきる心地こそすれ
読み仮名
ふりがな
かみなひの-みむろのやまを-あきゆけは-にしきたちきる-ここちこそすれ
分割かみなひの
みむろのやまを
あきゆけは
にしきたちきる
ここちこそすれ
ローマ字読み
大文字
KAMINAHINO-MIMURONOYAMAO-AKIYUKEHA-NISHIKITACHIKIRU-KOKOCHIKOSOSURE
ローマ字読み
小文字
kaminahino-mimuronoyamao-akiyukeha-nishikitachikiru-kokochikososure
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました