古今和歌集335番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集335番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集335番について

歌番号335
詞書梅花にゆきのふれるをよめる
作者|歌人小野たかむらの朝臣
和歌花の色は雪にましりて見えすともかをたににほへ人のしるへく
読み仮名
ふりがな
はなのいろは-ゆきにましりて-みえすとも-かをたににほへ-ひとのしるへく
分割はなのいろは
ゆきにましりて
みえすとも
かをたににほへ
ひとのしるへく
ローマ字読み
大文字
HANANOIROHA-YUKINIMASHIRITE-MIESUTOMO-KAOTANINIHOHE-HITONOSHIRUHEKU
ローマ字読み
小文字
hananoiroha-yukinimashirite-miesutomo-kaotaninihohe-hitonoshiruheku
巻数巻六巻|冬
タイトルとURLをコピーしました