古今和歌集46番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集46番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集46番について

歌番号46
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人よみ人しらす
和歌梅かかをそてにうつしてととめては春はすくともかたみならまし
読み仮名
ふりがな
うめかかを-そてにうつして-ととめては-はるはすくとも-かたみならまし
分割うめかかを
そてにうつして
ととめては
はるはすくとも
かたみならまし
ローマ字読み
大文字
UMEKAKAO-SOTENIUTSUSHITE-TOTOMETEHA-HARUHASUKUTOMO-KATAMINARAMASHI
ローマ字読み
小文字
umekakao-soteniutsushite-totometeha-haruhasukutomo-kataminaramashi
巻数巻一巻|春上
タイトルとURLをコピーしました