古今和歌集42番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集42番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集42番について

歌番号42
詞書はつせにまうつることにやとりける人の家にひさしくやとらて、ほとへてのちにいたれりけれは、かの家のあるしかくさたかになむやとりはあるといひいたして侍りけれは、そこにたてりけるむめの花ををりてよめる
作者|歌人つらゆき
和歌人はいさ心もしらすふるさとは花そ昔のかににほひける
読み仮名
ふりがな
ひとはいさ-こころもしらす-ふるさとは-はなそむかしの-かににほひける
分割ひとはいさ
こころもしらす
ふるさとは
はなそむかしの
かににほひける
ローマ字読み
大文字
HITOHAISA-KOKOROMOSHIRASU-FURUSATOHA-HANASOMUKASHINO-KANINIHOHIKERU
ローマ字読み
小文字
hitohaisa-kokoromoshirasu-furusatoha-hanasomukashino-kaninihohikeru
巻数巻一巻|春上
タイトルとURLをコピーしました