古今和歌集468番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集468番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集468番について

歌番号468
詞書はをはしめ、るをはてにて、なかめをかけて時のうたよめと人のいひけれはよみける
作者|歌人僧正聖宝
和歌花のなかめにあくやとてわけゆけは心そともにちりぬへらなる
読み仮名
ふりがな
はなのなか-めにあくやとて-わけゆけは-こころそともに-ちりぬへらなる
分割はなのなか
めにあくやとて
わけゆけは
こころそともに
ちりぬへらなる
ローマ字読み
大文字
HANANONAKA-MENIAKUYATOTE-WAKEYUKEHA-KOKOROSOTOMONI-CHIRINUHERANARU
ローマ字読み
小文字
hananonaka-meniakuyatote-wakeyukeha-kokorosotomoni-chirinuheranaru
巻数巻十巻|物名
タイトルとURLをコピーしました