古今和歌集559番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集559番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集559番について

歌番号559
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人藤原としゆきの朝臣
和歌住の江の岸による浪よるさへやゆめのかよひち人めよくらむ
読み仮名
ふりがな
すみのえの-きしによるなみ-よるさへや-ゆめのかよひち-ひとめよくらむ
分割すみのえの
きしによるなみ
よるさへや
ゆめのかよひち
ひとめよくらむ
ローマ字読み
大文字
SUMINOENO-KISHINIYORUNAMI-YORUSAHEYA-YUMENOKAYOHICHI-HITOMEYOKURAMU
ローマ字読み
小文字
suminoeno-kishiniyorunami-yorusaheya-yumenokayohichi-hitomeyokuramu
巻数巻十二巻|恋二
タイトルとURLをコピーしました