古今和歌集56番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集56番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集56番について

歌番号56
詞書花さかりに京を見やりてよめる
作者|歌人そせい法し
和歌みわたせは柳桜をこきませて宮こそ春の錦なりける
読み仮名
ふりがな
みわたせは-やなきさくらを-こきませて-みやこそはるの-にしきなりける
分割みわたせは
やなきさくらを
こきませて
みやこそはるの
にしきなりける
ローマ字読み
大文字
MIWATASEHA-YANAKISAKURAO-KOKIMASETE-MIYAKOSOHARUNO-NISHIKINARIKERU
ローマ字読み
小文字
miwataseha-yanakisakurao-kokimasete-miyakosoharuno-nishikinarikeru
巻数巻一巻|春上
タイトルとURLをコピーしました