古今和歌集688番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集688番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集688番について

歌番号688
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人よみ人しらす
和歌思ふてふ事のはのみや秋をへて色もかはらぬ物にはあるらむ
読み仮名
ふりがな
おもふてふ-ことのはのみや-あきをへて-いろもかはらぬ-ものにはあるらむ
分割おもふてふ
ことのはのみや
あきをへて
いろもかはらぬ
ものにはあるらむ
ローマ字読み
大文字
OMOFUTEFU-KOTONOHANOMIYA-AKIOHETE-IROMOKAHARANU-MONONIHAARURAMU
ローマ字読み
小文字
omofutefu-kotonohanomiya-akiohete-iromokaharanu-mononihaaruramu
巻数巻十四巻|恋四
タイトルとURLをコピーしました