古今和歌集747番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集747番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集747番について

歌番号747
詞書五条のきさいの宮のにしのたいにすみける人にほいにはあらてものいひわたりけるを、む月のとをかあまりになむほかへかくれにける、あり所はききけれとえ物もいはて、又のとしのはるむめの花さかりに月のおもしろかりける夜、こそをこひてかのにしのたいにいきて月のかたふくまてあはらなるいたしきにふせりてよめる
作者|歌人在原業平朝臣
和歌月やあらぬ春や昔の春ならぬわか身ひとつはもとの身にして
読み仮名
ふりがな
つきやあらぬ-はるやむかしの-はるならぬ-わかみひとつは-もとのみにして
分割つきやあらぬ
はるやむかしの
はるならぬ
わかみひとつは
もとのみにして
ローマ字読み
大文字
TSUKIYAARANU-HARUYAMUKASHINO-HARUNARANU-WAKAMIHITOTSUHA-MOTONOMINISHITE
ローマ字読み
小文字
tsukiyaaranu-haruyamukashino-harunaranu-wakamihitotsuha-motonominishite
巻数巻十五巻|恋五
タイトルとURLをコピーしました