古今和歌集903番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集903番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集903番について

歌番号903
詞書おなし御時のうへのさふらひにて、をのこともにおほみきたまひて、おほみあそひありけるついてにつかうまつれる
作者|歌人としゆきの朝臣
和歌おいぬとてなとかわか身をせめきけむおいすはけふにあはましものか
読み仮名
ふりがな
おいぬとて-なとかわかみを-せめきけむ-おいすはけふに-あはましものか
分割おいぬとて
なとかわかみを
せめきけむ
おいすはけふに
あはましものか
ローマ字読み
大文字
OINUTOTE-NATOKAWAKAMIO-SEMEKIKEMU-OISUHAKEFUNI-AHAMASHIMONOKA
ローマ字読み
小文字
oinutote-natokawakamio-semekikemu-oisuhakefuni-ahamashimonoka
巻数巻十七巻|雑上
タイトルとURLをコピーしました