古今和歌集966番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集966番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集966番について

歌番号966
詞書みこの宮のたちはきに侍りけるを、宮つかへつかうまつらすとてとけて侍りける時によめる
作者|歌人みやちのきよき
和歌つくはねのこの本ことに立ちそよる春のみ山のかけをこひつつ
読み仮名
ふりがな
つくはねの-このもとことに-たちそよる-はるのみやまの-かけをこひつつ
分割つくはねの
このもとことに
たちそよる
はるのみやまの
かけをこひつつ
ローマ字読み
大文字
TSUKUHANENO-KONOMOTOKOTONI-TACHISOYORU-HARUNOMIYAMANO-KAKEOKOHITSUTSU
ローマ字読み
小文字
tsukuhaneno-konomotokotoni-tachisoyoru-harunomiyamano-kakeokohitsutsu
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました