古今和歌集967番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集967番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集967番について

歌番号967
詞書時なりける人のにはかに時なくなりてなけくを見て、みつからのなけきもなくよろこひもなきことを思ひてよめる
作者|歌人清原深事父
和歌ひかりなき谷には春もよそなれはさきてとくちる物思ひもなし
読み仮名
ふりがな
ひかりなき-たににははるも-よそなれは-さきてとくちる-ものおもひもなし
分割ひかりなき
たににははるも
よそなれは
さきてとくちる
ものおもひもなし
ローマ字読み
大文字
HIKARINAKI-TANINIHAHARUMO-YOSONAREHA-SAKITETOKUCHIRU-MONOMOHIMONASHI
ローマ字読み
小文字
hikarinaki-taninihaharumo-yosonareha-sakitetokuchiru-monomohimonashi
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました