古今和歌集956番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集956番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集956番について

歌番号956
詞書山のほうしのもとへつかはしける
作者|歌人凡河内みつね
和歌世をすてて山にいる人山にても猶うき時はいつちゆくらむ
読み仮名
ふりがな
よをすてて-やまにいるひと-やまにても-なほうきときは-いつちゆくらむ
分割よをすてて
やまにいるひと
やまにても
なほうきときは
いつちゆくらむ
ローマ字読み
大文字
YOSUTETE-YAMANIIRUHITO-YAMANITEMO-NAHOKITOKIHA-ITSUCHIYUKURAMU
ローマ字読み
小文字
yosutete-yamaniiruhito-yamanitemo-nahokitokiha-itsuchiyukuramu
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました