古今和歌集968番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集968番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集968番について

歌番号968
詞書かつらに侍りける時に、七条の中宮のとはせ給へりける御返事にたてまつれりける
作者|歌人伊勢
和歌久方の中におひたるさとなれはひかりをのみそたのむへらなる
読み仮名
ふりがな
ひさかたの-うちにおひたる-さとなれは-ひかりをのみそ-たのむへらなる
分割ひさかたの
うちにおひたる
さとなれは
ひかりをのみそ
たのむへらなる
ローマ字読み
大文字
HISAKATANO-UCHINIOHITARU-SATONAREHA-HIKARIONOMISO-TANOMUHERANARU
ローマ字読み
小文字
hisakatano-uchiniohitaru-satonareha-hikarionomiso-tanomuheranaru
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました