古今和歌集970番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集970番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集970番について

歌番号970
詞書惟喬のみこのもとにまかりかよひけるを、かしらおろしてをのといふ所に侍りけるに、正月にとふらはむとてまかりたりけるに、ひえの山のふもとなりけれは雪いとふかかりけり、しひてかのむろにまかりいたりてをかみけるに、つれつれとしていと物かなしくて、かへりまうてきてよみておくりける
作者|歌人なりひらの朝臣
和歌わすれては夢かとそ思ふおもひきや雪ふみわけて君を見むとは
読み仮名
ふりがな
わすれては-ゆめかとそおもふ-おもひきや-ゆきふみわけて-きみをみむとは
分割わすれては
ゆめかとそおもふ
おもひきや
ゆきふみわけて
きみをみむとは
ローマ字読み
大文字
WASURETEHA-YUMEKATOSOMOFU-OMOHIKIYA-YUKIFUMIWAKETE-KIMIOMIMUTOHA
ローマ字読み
小文字
wasureteha-yumekatosomofu-omohikiya-yukifumiwakete-kimiomimutoha
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました