古今和歌集994番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集994番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集994番について

歌番号994
詞書題しらす
ある人、この歌は、むかしやまとのくになりける人のむすめにある人すみわたりけり、この女おやもなくなりて家もわるくなりゆくあひたに、このをとこ、かふちのくにに人をあひしりてかよひつつ、かれやうにのみなりゆきけり、さりけれともつらけなるけしきも見えて、かふちへいくことに、をとこの心のことくにしつついたしやりけれは、あやしと思ひて、もしなきまにこと心もやあるとうたかひて、月のおもしろかりける夜、かふちへいくまねにてせんさいのなかにかくれて見けれは、夜ふくるまてことをかきならしつつ、うちなけきてこの歌をよみてねにけれは、これをききて、それより又ほかへもまからすなりにけりとなむいひつたへたる
作者|歌人よみ人しらす
和歌風ふけはおきつ白浪たつた山よはにや君かひとりこゆらむ
読み仮名
ふりがな
かせふけは-おきつしらなみ-たつたやま-よはにやきみか-ひとりこゆらむ
分割かせふけは
おきつしらなみ
たつたやま
よはにやきみか
ひとりこゆらむ
ローマ字読み
大文字
KASEFUKEHA-OKITSUSHIRANAMI-TATSUTAYAMA-YOHANIYAKIMIKA-HITORIKOYURAMU
ローマ字読み
小文字
kasefukeha-okitsushiranami-tatsutayama-yohaniyakimika-hitorikoyuramu
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました