古今和歌集110番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集110番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集110番について

歌番号110
詞書鶯の花の木にてなくをよめる
作者|歌人みつね
和歌しるしなきねをもなくかなうくひすのことしのみちる花ならなくに
読み仮名
ふりがな
しるしなき-ねをもなくかな-うくひすの-ことしのみちる-はなならなくに
分割しるしなき
ねをもなくかな
うくひすの
ことしのみちる
はなならなくに
ローマ字読み
大文字
SHIRUSHINAKI-NEOMONAKUKANA-UKUHISUNO-KOTOSHINOMICHIRU-HANANARANAKUNI
ローマ字読み
小文字
shirushinaki-neomonakukana-ukuhisuno-kotoshinomichiru-hananaranakuni
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました