古今和歌集1111番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集1111番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集1111番について

歌番号1111
詞書題しらす
巻第十四
深養父、こひしとはたかなつけけむことならむ下
作者|歌人つらゆき
和歌みちしらはつみにもゆかむすみのえの岸におふてふこひわすれくさ
読み仮名
ふりがな
みちしらは-つみにもゆかむ-すみのえの-きしにおふてふ-こひわすれくさ
分割みちしらは
つみにもゆかむ
すみのえの
きしにおふてふ
こひわすれくさ
ローマ字読み
大文字
MICHISHIRAHA-TSUMINIMOYUKAMU-SUMINOENO-KISHINIOFUTEFU-KOHIWASUREKUSA
ローマ字読み
小文字
michishiraha-tsuminimoyukamu-suminoeno-kishiniofutefu-kohiwasurekusa
巻数異本所載歌
タイトルとURLをコピーしました