古今和歌集118番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集118番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集118番について

歌番号118
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人つらゆき
和歌吹く風と谷の水としなかりせはみ山かくれの花を見ましや
読み仮名
ふりがな
ふくかせと-たにのみつとし-なかりせは-みやまかくれの-はなをみましや
分割ふくかせと
たにのみつとし
なかりせは
みやまかくれの
はなをみましや
ローマ字読み
大文字
FUKUKASETO-TANINOMITSUTOSHI-NAKARISEHA-MIYAMAKAKURENO-HANAOMIMASHIYA
ローマ字読み
小文字
fukukaseto-taninomitsutoshi-nakariseha-miyamakakureno-hanaomimashiya
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました