古今和歌集166番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集166番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集166番について

歌番号166
詞書月のおもしろかりける夜、あかつきかたによめる
作者|歌人深養父
和歌夏の夜はまたよひなからあけぬるを雲のいつこに月やとるらむ
読み仮名
ふりがな
なつのよは-またよひなから-あけぬるを-くものいつこに-つきやとるらむ
分割なつのよは
またよひなから
あけぬるを
くものいつこに
つきやとるらむ
ローマ字読み
大文字
NATSUNOYOHA-MATAYOHINAKARA-AKENURUO-KUMONOITSUKONI-TSUKIYATORURAMU
ローマ字読み
小文字
natsunoyoha-matayohinakara-akenuruo-kumonoitsukoni-tsukiyatoruramu
巻数巻三巻|夏
タイトルとURLをコピーしました