古今和歌集190番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集190番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集190番について

歌番号190
詞書かむなりのつほに人人あつまりて秋のよをしむ歌よみけるついてによめる
作者|歌人みつね
和歌かくはかりをしと思ふ夜をいたつらにねてあかすらむ人さへそうき
読み仮名
ふりがな
かくはかり-をしとおもふよを-いたつらに-ねてあかすらむ-ひとさへそうき
分割かくはかり
をしとおもふよを
いたつらに
ねてあかすらむ
ひとさへそうき
ローマ字読み
大文字
KAKUHAKARI-OSHITOMOFUYO-ITATSURANI-NETEAKASURAMU-HITOSAHESOKI
ローマ字読み
小文字
kakuhakari-oshitomofuyo-itatsurani-neteakasuramu-hitosahesoki
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました