古今和歌集238番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集238番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集238番について

歌番号238
詞書寛平御時、蔵人所のをのこともさかのに花見むとてまかりたりける時、かへるとてみな歌よみけるついてによめる
作者|歌人平さたふん
和歌花にあかてなにかへるらむをみなへしおほかるのへにねなましものを
読み仮名
ふりがな
はなにあかて-なにかへるらむ-をみなへし-おほかるのへに-ねなましものを
分割はなにあかて
なにかへるらむ
をみなへし
おほかるのへに
ねなましものを
ローマ字読み
大文字
HANANIAKATE-NANIKAHERURAMU-OMINAHESHI-OHOKARUNOHENI-NENAMASHIMONO
ローマ字読み
小文字
hananiakate-nanikaheruramu-ominaheshi-ohokarunoheni-nenamashimono
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました