古今和歌集211番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集211番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集211番について

歌番号211
詞書題しらす
このうたは、ある人のいはく、柿本の人まろかなりと
作者|歌人よみ人しらす(一説、柿本の人まろ)
和歌夜をさむみ衣かりかねなくなへに萩のしたはもうつろひにけり
読み仮名
ふりがな
よをさむみ-ころもかりかね-なくなへに-はきのしたはも-うつろひにけり
分割よをさむみ
ころもかりかね
なくなへに
はきのしたはも
うつろひにけり
ローマ字読み
大文字
YOSAMUMI-KOROMOKARIKANE-NAKUNAHENI-HAKINOSHITAHAMO-UTSUROHINIKERI
ローマ字読み
小文字
yosamumi-koromokarikane-nakunaheni-hakinoshitahamo-utsurohinikeri
巻数巻四巻|秋上
タイトルとURLをコピーしました