古今和歌集30番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集30番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集30番について

歌番号30
詞書かりのこゑをききてこしへまかりにける人を思ひてよめる
作者|歌人凡河内みつね
和歌春くれはかりかへるなり白雲のみちゆきふりにことやつてまし
読み仮名
ふりがな
はるくれは-かりかへるなり-しらくもの-みちゆきふりに-ことやつてまし
分割はるくれは
かりかへるなり
しらくもの
みちゆきふりに
ことやつてまし
ローマ字読み
大文字
HARUKUREHA-KARIKAHERUNARI-SHIRAKUMONO-MICHIYUKIFURINI-KOTOYATSUTEMASHI
ローマ字読み
小文字
harukureha-karikaherunari-shirakumono-michiyukifurini-kotoyatsutemashi
巻数巻一巻|春上
タイトルとURLをコピーしました