古今和歌集300番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集300番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集300番について

歌番号300
詞書神なひの山をすきて竜田河をわたりける時に、もみちのなかれけるをよめる
作者|歌人きよはらのふかやふ
和歌神なひの山をすき行く秋なれはたつた河にそぬさはたむくる
読み仮名
ふりがな
かみなひの-やまをすきゆく-あきなれは-たつたかはにそ-ぬさはたむくる
分割かみなひの
やまをすきゆく
あきなれは
たつたかはにそ
ぬさはたむくる
ローマ字読み
大文字
KAMINAHINO-YAMAOSUKIYUKU-AKINAREHA-TATSUTAKAHANISO-NUSAHATAMUKURU
ローマ字読み
小文字
kaminahino-yamaosukiyuku-akinareha-tatsutakahaniso-nusahatamukuru
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました