古今和歌集566番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集566番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集566番について

歌番号566
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人みふのたたみね
和歌かきくらしふる白雪のしたきえにきえて物思ふころにもあるかな
読み仮名
ふりがな
かきくらし-ふるしらゆきの-したきえに-きえてものおもふ-ころにもあるかな
分割かきくらし
ふるしらゆきの
したきえに
きえてものおもふ
ころにもあるかな
ローマ字読み
大文字
KAKIKURASHI-FURUSHIRAYUKINO-SHITAKIENI-KIETEMONOMOFU-KORONIMOARUKANA
ローマ字読み
小文字
kakikurashi-furushirayukino-shitakieni-kietemonomofu-koronimoarukana
巻数巻十二巻|恋二
タイトルとURLをコピーしました