古今和歌集598番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集598番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集598番について

歌番号598
詞書題しらす
作者|歌人つらゆき
和歌紅のふりいてつつなく涙にはたもとのみこそ色まさりけれ
読み仮名
ふりがな
くれなゐの-ふりいてつつなく-なみたには-たもとのみこそ-いろまさりけれ
分割くれなゐの
ふりいてつつなく
なみたには
たもとのみこそ
いろまさりけれ
ローマ字読み
大文字
KURENAINO-FURIITETSUTSUNAKU-NAMITANIHA-TAMOTONOMIKOSO-IROMASARIKERE
ローマ字読み
小文字
kurenaino-furiitetsutsunaku-namitaniha-tamotonomikoso-iromasarikere
巻数巻十二巻|恋二
タイトルとURLをコピーしました