古今和歌集715番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集715番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集715番について

歌番号715
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人とものり
和歌蝉のこゑきけはかなしな夏衣うすくや人のならむと思へは
読み仮名
ふりがな
せみのこゑ-きけはかなしな-なつころも-うすくやひとの-ならむとおもへは
分割せみのこゑ
きけはかなしな
なつころも
うすくやひとの
ならむとおもへは
ローマ字読み
大文字
SEMINOKOE-KIKEHAKANASHINA-NATSUKOROMO-USUKUYAHITONO-NARAMUTOMOHEHA
ローマ字読み
小文字
seminokoe-kikehakanashina-natsukoromo-usukuyahitono-naramutomoheha
巻数巻十四巻|恋四
タイトルとURLをコピーしました