古今和歌集848番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集848番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集848番について

歌番号848
詞書河原のおほいまうちきみの身まかりての秋、かの家のほとりをまかりけるに、もみちのいろまたふかくもならさりけるを見てかの家によみていれたりける
作者|歌人近院右のおほいまうちきみ
和歌うちつけにさひしくもあるかもみちはもぬしなきやとは色なかりけり
読み仮名
ふりがな
うちつけに-さひしくもあるか-もみちはも-ぬしなきやとは-いろなかりけり
分割うちつけに
さひしくもあるか
もみちはも
ぬしなきやとは
いろなかりけり
ローマ字読み
大文字
UCHITSUKENI-SAHISHIKUMOARUKA-MOMICHIHAMO-NUSHINAKIYATOHA-IRONAKARIKERI
ローマ字読み
小文字
uchitsukeni-sahishikumoaruka-momichihamo-nushinakiyatoha-ironakarikeri
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました