古今和歌集847番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集847番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集847番について

歌番号847
詞書ふかくさのみかとの御時に蔵人頭にてよるひるなれつかうまつりけるを、諒闇になりにけれは、さらに世にもましらすしてひえの山にのほりてかしらおろしてけり、その又のとしみなひと御ふくぬきて、あるはかうふりたまはりなとよろこひけるをききてよめる
作者|歌人僧正遍昭
和歌みな人は花の衣になりぬなりこけのたもとよかわきたにせよ
読み仮名
ふりがな
みなひとは-はなのころもに-なりぬなり-こけのたもとよ-かわきたにせよ
分割みなひとは
はなのころもに
なりぬなり
こけのたもとよ
かわきたにせよ
ローマ字読み
大文字
MINAHITOHA-HANANOKOROMONI-NARINUNARI-KOKENOTAMOTOYO-KAWAKITANISEYO
ローマ字読み
小文字
minahitoha-hananokoromoni-narinunari-kokenotamotoyo-kawakitaniseyo
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました