古今和歌集119番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集119番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集119番について

歌番号119
詞書しかよりかへりけるをうなともの花山にいりてふちの花のもとにたちよりてかへりけるに、よみておくりける
作者|歌人僧正遍昭
和歌よそに見てかへらむ人にふちの花はひまつはれよえたはをるとも
読み仮名
ふりがな
よそにみて-かへらむひとに-ふちのはな-はひまつはれよ-えたはをるとも
分割よそにみて
かへらむひとに
ふちのはな
はひまつはれよ
えたはをるとも
ローマ字読み
大文字
YOSONIMITE-KAHERAMUHITONI-FUCHINOHANA-HAHIMATSUHAREYO-ETAHAORUTOMO
ローマ字読み
小文字
yosonimite-kaheramuhitoni-fuchinohana-hahimatsuhareyo-etahaorutomo
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました