古今和歌集116番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集116番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集116番について

歌番号116
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人つらゆき
和歌春ののにわかなつまむとこしものをちりかふ花にみちはまとひぬ
読み仮名
ふりがな
はるののに-わかなつまむと-こしものを-ちりかふはなに-みちはまとひぬ
分割はるののに
わかなつまむと
こしものを
ちりかふはなに
みちはまとひぬ
ローマ字読み
大文字
HARUNONONI-WAKANATSUMAMUTO-KOSHIMONO-CHIRIKAFUHANANI-MICHIHAMATOHINU
ローマ字読み
小文字
harunononi-wakanatsumamuto-koshimono-chirikafuhanani-michihamatohinu
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました