古今和歌集255番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集255番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集255番について

歌番号255
詞書貞観御時、綾綺殿のまへに梅の木ありけり、にしの方にさせりけるえたのもみちはしめたりけるをうへにさふらふをのことものよみけるついてによめる
作者|歌人藤原かちおむ
和歌おなしえをわきてこのはのうつろふは西こそ秋のはしめなりけれ
読み仮名
ふりがな
おなしえを-わきてこのはの-うつろふは-にしこそあきの-はしめなりけれ
分割おなしえを
わきてこのはの
うつろふは
にしこそあきの
はしめなりけれ
ローマ字読み
大文字
ONASHIEO-WAKITEKONOHANO-UTSUROFUHA-NISHIKOSOAKINO-HASHIMENARIKERE
ローマ字読み
小文字
onashieo-wakitekonohano-utsurofuha-nishikosoakino-hashimenarikere
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました