古今和歌集310番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集310番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集310番について

歌番号310
詞書寛平御時ふるきうたたてまつれとおほせられけれは、たつた河もみちはなかるといふ歌をかきて、そのおなし心をよめりける
作者|歌人おきかせ
和歌み山よりおちくる水の色見てそ秋は限と思ひしりぬる
読み仮名
ふりがな
みやまより-おちくるみつの-いろみてそ-あきはかきりと-おもひしりぬる
分割みやまより
おちくるみつの
いろみてそ
あきはかきりと
おもひしりぬる
ローマ字読み
大文字
MIYAMAYORI-OCHIKURUMITSUNO-IROMITESO-AKIHAKAKIRITO-OMOHISHIRINURU
ローマ字読み
小文字
miyamayori-ochikurumitsuno-iromiteso-akihakakirito-omohishirinuru
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました