古今和歌集38番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集38番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集38番について

歌番号38
詞書むめの花ををりて人におくりける
作者|歌人とものり
和歌君ならて誰にか見せむ梅花色をもかをもしる人そしる
読み仮名
ふりがな
きみならて-たれにかみせむ-うめのはな-いろをもかをも-しるひとそしる
分割きみならて
たれにかみせむ
うめのはな
いろをもかをも
しるひとそしる
ローマ字読み
大文字
KIMINARATE-TARENIKAMISEMU-UMENOHANA-IROMOKAOMO-SHIRUHITOSOSHIRU
ローマ字読み
小文字
kiminarate-tarenikamisemu-umenohana-iromokaomo-shiruhitososhiru
巻数巻一巻|春上
タイトルとURLをコピーしました