古今和歌集382番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集382番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集382番について

歌番号382
詞書あひしれりける人のこしのくににまかりて、としへて京にまうてきて又かへりける時によめる
作者|歌人凡河内みつね
和歌かへる山なにそはありてあるかひはきてもとまらぬ名にこそありけれ
読み仮名
ふりがな
かへるやま-なにそはありて-あるかひは-きてもとまらぬ-なにこそありけれ
分割かへるやま
なにそはありて
あるかひは
きてもとまらぬ
なにこそありけれ
ローマ字読み
大文字
KAHERUYAMA-NANISOHAARITE-ARUKAHIHA-KITEMOTOMARANU-NANIKOSOARIKERE
ローマ字読み
小文字
kaheruyama-nanisohaarite-arukahiha-kitemotomaranu-nanikosoarikere
巻数巻八巻|離別
タイトルとURLをコピーしました